スケッチをAI(人工知能)によって現実味あふれる画像に変えてくれるドローイングツール「GauGAN(ゴーギャン)」を、米エヌビディアが開発している。研究途上の技術だがアニメーターやゲームデザイナーに役立ちそうだ。

スケッチを描くと「GauGAN」が、リアルな画像にしてくれる
スケッチを描くと「GauGAN」が、リアルな画像にしてくれる

 2019年3月下旬に明らかにした同ツールを用いると、例えば画面上で「雲」という選択をして、雲のような線を描いたり丸を描いたりするだけで、自動的に流れ雲やぽっかりと浮かぶ丸い雲の画像になる。あるいは、木の形を線で描くとその内側が自動的に木の画像になる。海の風景の中に台地のような線を描いて「岩」を選択してクリックすると、その海の水面に反射される岩山が現れる。スケッチを細かく描く必要がない。雑なイメージでも、リアルな絵にしてくれる。

 絵を描くツールにはバケツ(内側を埋める)、筆、ペンがあり、選択できるオブジェクトには空、木、雲、山、草、雪、小石などがそろっている。取りあえず自然風景を描くためのツールとして使えそうだ。今後は都市風景などに広げることもできるだろう。