フランス発スポーツ用品専門店「デカトロン」の日本1号店が、2019年3月29日にオープン。世界51カ国に1500店舗を展開し、売上高は約1兆4000億円。企画開発から販売まで手がけ、低価格で高機能なオリジナル商品を提供する。スポーツ用品のガリバー企業は、日本で受け入れられるのか。

阪急西宮ガーデンズ東モール3階にオープンしたフランス発スポーツ用品チェーン「デカトロン」の日本1号店。売り場面積約1800平方メートルに約1万8000種類の商品をそろえる
阪急西宮ガーデンズ東モール3階にオープンしたフランス発スポーツ用品チェーン「デカトロン」の日本1号店。売り場面積約1800平方メートルに約1万8000種類の商品をそろえる

340円のバックパックに3590円のテント、とにかく格安

 兵庫県西宮市にあるショッピングモール、阪急西宮ガーデンズが開店する午前10時。シャッターが開くと同時に、数人の客が一目散に駆け出した。お目当ては本館3階東モールに出店したスポーツ用品店「デカトロン」。店舗の入り口では全スタッフが列になり、拍手と歓声で客を出迎える。お祭り騒ぎのようなオープニングは、外資ならではの光景だ。

オープンを待ちわびた大勢のお客が10時の開店と同時に入り口に駆け寄り、次々と店内に吸い込まれていった
オープンを待ちわびた大勢のお客が10時の開店と同時に入り口に駆け寄り、次々と店内に吸い込まれていった

 すぐに人だかりができたのは、キャンプ売り場前に置かれたワゴン。中にはエメラルドグリーンやパーブルなどの、カラフルな携帯用バックパックが積まれている。価格は税込みで340円だが、超軽量かつコンパクトで、ちょっとしたハイキングにも十分使えるという。

短時間のハイキングに使えるポケッタブルバックパックは、税込み340円。エコバッグ代わりにもなりそう。オープン初日から大好評の一品
短時間のハイキングに使えるポケッタブルバックパックは、税込み340円。エコバッグ代わりにもなりそう。オープン初日から大好評の一品

 ハイキングコーナーでは、ずらり並ぶバックパックの中に「ベストプライス390円」というPOPを発見。容量は10リットルと小ぶりだが、10年間の保証付きだ。

 子供用に2色購入したという西宮市内の親子は、「以前オンラインショップで購入したが、軽くて重宝しているので同じものを買いにきた。子供が汚したり、破れたりしても気にならない安さがいい。フランスのブランドらしく色使いもかわいい」と、コストパフォーマンスの高さに満足している様子。バックパックをまとめ買いする客は多く、300円台のバックパックは同ブランドのロスリーダー(採算度外視の戦略商品)として、高い集客力を発揮していた。

バックパックは豊富なラインアップ。390円の小ぶりのバックパックは、いろいろなシーンで重宝する優れもの。2万円台の遠征トレッキング用もある
バックパックは豊富なラインアップ。390円の小ぶりのバックパックは、いろいろなシーンで重宝する優れもの。2万円台の遠征トレッキング用もある
2人用のキャンプテントは3590円。エアーマットレスやランタンなどもベストプライス商品を選べば、キャンプ用品一式が低価格でそろう
2人用のキャンプテントは3590円。エアーマットレスやランタンなどもベストプライス商品を選べば、キャンプ用品一式が低価格でそろう

 キャンプ用品売り場で戦略商品と位置付けられるのが、3590円の2人用キャンプテント。展示されたテント内には、2390円のエアーマットレスや690円のランタンライト、1690円の寝袋などもあり、「トータルで1万円以内でそろう」(キャンプ用品担当)という。破格の安さはデカトロンの最大の強みになっている。

キャンプコーナーでは、テント、タープから寝袋、マット、テーブル、チェア、ランタン、アウトドア調理用具、クーラーバッグなどを展開。2秒で設営可能なポップアップテントも1万1900円~
キャンプコーナーでは、テント、タープから寝袋、マット、テーブル、チェア、ランタン、アウトドア調理用具、クーラーバッグなどを展開。2秒で設営可能なポップアップテントも1万1900円~
セブンが成長の“踊り場” セルフレジやAI発注も活用
スマホアプリで「トクホが続かない人」を引き留めるサントリー