米グーグルが新たなゲーミングプラットフォーム「Stadia」(ステーディア)を発表した。ウェブブラウザーの「Chrome」さえあれば、様々なハードウエアでプレーできるのが最大の強み。家庭用ゲーム機、PC、スマートフォンといった既存のプラットフォームが作ってきたゲーム市場の根底を覆す可能性を秘めている。

「Game Developers Conference 2019」ではスマートフォン、タブレット、パソコンで同じゲームができることをアピールした(出典:YouTube「Google GDC 2019 Gaming Announcement」)
「Game Developers Conference 2019」ではスマートフォン、タブレット、パソコンで同じゲームができることをアピールした(出典:YouTube「Google GDC 2019 Gaming Announcement」)

 米国サンフランシスコで開催された「Game Developers Conference 2019」(GDC 2019)で、発表されたStadiaは、かつて「Project Yeti」と呼ばれていたもの。GDC 2019の基調講演で正式に発表され、ゲーム業界に大きな衝撃を与えた。

ユーザーに多くのメリットがある

 Stadiaの最大の特徴は、ストリーミング技術をベースにしていること。従来のゲームが、DVDやROMカセット、あるいはダウンロードしたプログラムをゲーム機で起動して楽しんだのに対し、Stadiaではプログラムをデータセンターのサーバー上で動作させる。コントローラーの入力情報も随時データセンターに送られたうえ、処理した映像だけをネット経由で手元の端末に表示する。つまり、ユーザーの操作によってインタラクティブに変化するストリーミング映像を⾒ている状態、と⾔えばいいだろうか。

 この方式は、ユーザー側に多くのメリットをもたらす。まず、基本的にOSやハードウエアに依存しないこと(iOSは対象外)。Stadiaでは、ゲームプログラムを手元のハードウエアで動作させるわけではない。専用のゲームコントローラーも発売される予定だが、基本的にはスマートフォン、タブレット端末、PCなど、Chromeが動作する機器があればいい。

 このため、スマートフォンで遊んでいたゲームを、リビングの大画面テレビや書斎のPCでの表示に切り替えて、続きを即プレーするといったことが可能だという。

 また、ゲームソフトはデータセンターのサーバーで動作するわけだから、バージョンアップで更新データをダウンロードしたり、新たなタイトルで遊びたくなったときに大きなプログラムをダウンロードしたりといった煩わしい操作は不要。最短5秒でゲームが起動するという。

 GDC 2019の発表では、YouTubeとの連携がかなり強調されていた。例えばリプレー動画で面白そうなゲームを見つけたら、リンクをクリック。5秒でそのゲームが遊べるようになるという。Stadiaでは、気になるストリーミング映像を次々と見る感覚で、新たなゲームを起動し、遊ぶことができる。何より時間の経過とともに手持ちのハードが陳腐化し、買い替えなければならなくなる、といったことがない。

一緒に発表された専用の「Stadia コントローラー」(出典:グーグル)
一緒に発表された専用の「Stadia コントローラー」(出典:グーグル)

 デベロッパー側にもメリットがある。ユーザーの手元には映像が届くだけなので、チート(プログラムやデータを改変してインチキを行うこと)が事実上、不可能だ。ネット対戦ができるタイトルで、チート対策に多大なコストを強いられてきたゲームメーカーには、大きな魅力と映るのではないだろうか。