アジアで最も優れた書店と評される台湾の誠品生活が2019年9月、日本に初上陸することが決まった。場所は、東京・日本橋に誕生する新商業施設「コレド室町テラス」。同じビルにはトヨタ自動車が立ち上げた新会社などがオフィスを構え、東京のビジネス地図をも塗り替えるインパクトを秘めている。

東京・日本橋に2019年9月27日、「コレド室町テラス」がオープンする。日本初進出となる誠品生活に加え、集客力のあるテナントが多数入居。写真は地下1階の飲食店フロアのイメージ
東京・日本橋に2019年9月27日、「コレド室町テラス」がオープンする。日本初進出となる誠品生活に加え、集客力のあるテナントが多数入居。写真は地下1階の飲食店フロアのイメージ

 東京都心の日本橋にこの秋、また1つランドマークが増える。1万平方メートルを超す一等地の再開発で生まれる「コレド室町テラス」だ。三井不動産が開業日を2019年9月27日と発表した。

 コレドとは「CORE(核)」と「EDO(江戸)」を組み合わせた造語。三井不動産が三井グループ発祥の地である日本橋で推し進めるプロジェクトで、江戸時代に商業の中心地だった日本橋のにぎわいを現代によみがえらせるという使命を帯びる。

 04年3月にまずは「コレド日本橋」が誕生し、10年10月に「コレド室町」(現在の「コレド室町1」)を、14年3月に「コレド室町2」と「コレド室町3」をオープン。コレドのブランド力は絶大で、関東広域から人を呼び寄せる、まさに東京の商業の新たな“核”となった。

 畳み掛けるように登場するコレド室町テラスは、“5棟目のコレド”では終わらない。三井不動産の旗艦プロジェクトというべき存在で、伝統と最先端が融合したショールームのような場所になる。

 建物は高さ約140メートル。地上26階、地下3階建てで19年3月28日に完成した。ビルの名は「日本橋室町三井タワー」。実は大部分がオフィスフロアで、コレド室町テラスはこのうち、地下1階から地上2階の3フロア。商業施設としては小粒ながら、その集客力は侮れない。

日本橋室町三井タワーの全景。低層の3フロアが商業施設「コレド室町テラス」で、その上はすべてオフィスフロアだ
日本橋室町三井タワーの全景。低層の3フロアが商業施設「コレド室町テラス」で、その上はすべてオフィスフロアだ

 目玉は、メインテナントとして2階のワンフロアを丸々使う「誠品生活日本橋」だ。誠品は1989年、台北市に1号店を構えた。台湾と中国・蘇州、香港に40店以上を展開し、今回が中華圏以外で初進出となる。

 その土地の文化が薫る、世界に二つとない独創的な店づくりと、良質な選書力に定評があり、米タイム誌が「アジアで最も優れた書店」に選出。蔦屋書店が参考にしたことでも知られる、名実共に台湾を代表するブランドだ。三井不動産が日本橋に足りないと考えていた滞在型の「サードプレース」として、4年掛かりで誘致した経緯がある(「蔦屋書店が見習った「アジア最高の書店」が上陸 何がスゴい?」)。

 日本橋で展開するのは、書籍だけでなく、ライフスタイル全般。毎日のようにワークショップなどのイベントを催し、台湾の美食を集めたレストラン、雑貨や食の物販を加えた、いわば百貨店型の店舗として運営する。書店部分は有隣堂(横浜市中区)が担当し、日本ならではの選書に力を入れる。

誠品生活は文化が薫る店づくりに定評がある。写真は台中の中友店
誠品生活は文化が薫る店づくりに定評がある。写真は台中の中友店

ナポリピザの名店も日本初上陸

 コレド室町テラスのコンセプトは「『価値ある時間』を、過ごす場所。」(三井不動産)。その狙い通り、国内外から数々の美食をえりすぐったことが見て取れる。店舗数は全部で31。誠品生活以外にも、行列必至の顔ぶれになった。

 イタリアのグルメガイド「ガンベロロッソ(Gambero Rosso)」で最高評価に輝いた「Gino Sorbillo Artista Pizza Napoletana」も日本に初上陸する。創業80年を超すナポリピザの名店で、「イタリア人が待ってでも食べたいと列をなす」(三井不動産)。店名に冠するジーノ・ソルビッロ氏(Gino Sorbillo)はナポリピザ業界のカリスマとして知られ、日本でも開業直後から、何時間待ちという光景が広がりそうだ。

 福岡からは、手土産の定番「だしいなり」の専門店「海木(かいぼく)」と、九州料理酒場「博多ニューコマツ」が上陸。北海道からは、白い恋人でおなじみの石屋製菓が道外初のカフェ「(仮称)ISHIYA NIHONBASHI」を構え、道産素材をふんだんに使ったパン、洋菓子で人気のカフェ「フェルム ラ・テール 美瑛」が進出する。熊本からは、南阿蘇発のハーブティー専門店「南阿蘇TEA HOUSE」がお目見えする。いずれも、関東初出店だ。

 この他、東銀座に本店を置き、ミシュランガイド東京で4年連続ビブグルマンを獲得した「OSAKAきっちん。」など、人気と実力を兼ね備えた飲食店が多数、商業施設デビューを果たす。日本橋人形町で130年以上の歴史を誇る老舗ハンカチ専門店「CLASSICS the Small Luxury」など、日本橋らしい手仕事の専門店も集う。

 全31店のうち、日本初上陸2店、関東初出店5店、商業施設初出店10店、新業態10店(重複も含む)と、初顔ぞろいのラインアップとなった。

にぎわいを呼び込む4つのゾーン

 東京メトロ三越前駅、JR新日本橋駅直結の地下1階は、ライブ感がテーマ。モーニング、ランチ、ちょい飲み、ディナー、テークアウト、2次会まで、いつ訪れても多様なニーズに応えられる個性豊かな9店を集めた。

コレド室町テラスの表玄関となる1階のイメージ
コレド室町テラスの表玄関となる1階のイメージ

 表玄関となる1階は、4つのゾーンで構成。大屋根付きの約1500平方メートルに及ぶ広場に面した一角を「広場ゾーン」とし、中央通り、江戸通り、日銀通りに面した区画をそれぞれ「中央通りゾーン」「江戸通りゾーン」「パサージュゾーン」と命名した。

1階は4つのゾーンに分かれている。緑が広場ゾーン、青が中央通りゾーン、紫が江戸通りゾーン、オレンジがパサージュゾーン
1階は4つのゾーンに分かれている。緑が広場ゾーン、青が中央通りゾーン、紫が江戸通りゾーン、オレンジがパサージュゾーン

 広場ゾーンには日本初上陸のナポリピザ店をはじめ、開放的なカジュアルカフェやダイニング5店が軒を連ねる。中央通りゾーンには、手土産にも最適な雑貨と食のセレクトショップを中心に8店が集結。江戸通りゾーンには、会食や接待など、落ち着いて食事が楽しめるレストラン2店を配した。パサージュゾーンは、その名の通り、人々が行き交い、夜まで活気があふれる飲食店で構成する。

 特別感のある美食やセレクトショップを地下1階から積み上げていくフロア構成は、三井不動産が18年3月に開業し、計画を大きく上回る年間2200万人を集めた東京ミッドタウン日比谷でのノウハウが生きている。コレド室町テラスは、コレド室町1~3やYUITO、日本橋三越本店といった大型商業施設と地下道で行き来できるため、店舗数以上の集客が見込める。

イベントでの活用も想定した約1500平方メートルの大屋根付き緑の広場
イベントでの活用も想定した約1500平方メートルの大屋根付き緑の広場