交通不全の解消を狙って、日産自動車とDeNAが共同で開発を進める無人車両配車サービス「Easy Ride」。その特徴はスマホのアプリ内にのみ表示される“仮想停留所”に発着すること。2019年3月に、18年に続き2回目となる実証実験を横浜で4週間にわたって行った。新たに見つかった課題とは?

日産自動車とDeNAの無人運転車両配車サービス「Easy Ride」
日産自動車とDeNAの無人運転車両配車サービス「Easy Ride」

 世界のMaaSは、自動運転技術の開発フェーズから徐々に具体的なサービス提供にシフトしている。そんな中、日産自動車とDeNAは無人運転車両の配車サービス「Easy Ride」で協働することを2017年に発表した。

 Easy Rideがユニークなのは“仮想停留所”にある。そのイメージはゲーム「ポケモンGO」に出てくる「ポケストップ」に近い。仮想停留所には、そこに行っても目印がなく、スマホの専用アプリ内のみで停留所が表示される仕組みだ。

 利用者は、専用アプリで「迎えに来てほしい場所」ではなく「行きたい場所」を指定する。その後、最寄りの仮想停留所に移動。しばらくすると、自動運転の無人車両が来るので、乗車すると目的地に最も近い仮想停留所まで連れて行ってくれる。配車から支払いまで、スマホのアプリで完了する。さらに、遠隔管制システムで24時間監視しているので安全に利用できる。料金設定もタクシーより廉価に設定する計画だ。

アプリの画面。仮想停留所の「赤レンガ交通広場」に間もなく配車されるようだ
アプリの画面。仮想停留所の「赤レンガ交通広場」に間もなく配車されるようだ
24時間態勢で遠隔管制システムが稼働する。実証実験ではDeNA社員が担当したが、サービス開始時にはアウトソースも念頭に置いている
24時間態勢で遠隔管制システムが稼働する。実証実験ではDeNA社員が担当したが、サービス開始時にはアウトソースも念頭に置いている