米アップルは現地時間の2019年3月25日、プレスカンファレンスで4つの新サービスを発表した。動画配信「Apple TV+」、ゲーム配信「Apple Arcade」、雑誌・新聞の定期購読「Apple News+」は、どれも利用料金の定額制が特徴。独自のクレジットカードも展開する。

ハードとソフト、サービスの三位一体での展開ができるアップルの強みを生かしていくと語る、ティム・クックCEO
ハードとソフト、サービスの三位一体での展開ができるアップルの強みを生かしていくと語る、ティム・クックCEO

 プレスカンファレンスの冒頭にステージに立ったアップル最高経営責任者(CEO)のティム・クック氏は「アップルはこれまでにもワールドクラスのハードウエアとサービスを顧客に提供してきた。“サービス”という言葉を辞書で調べると、“人を助ける・誰かのために働く”という意味であることが分かる。ハード、アプリとシームレスにつながったアップルにしかできないクリエイティブで、多くの人々に有用な新しいサービスを届けたい」とコメント。それぞれの詳細を担当者が説明する、いつものスタイルで約2時間のイベントを実施した。

独自の動画配信サービス「Apple TV+」を今秋開始

 アップルでは2016年から、Apple TV、iPhoneやiPadでテレビ番組や映画など動画コンテンツを、さまざまな提供元のプラットホームについてまとめて管理しながら楽しめる独自のTVアプリ「Apple TV app」を北米で提供してきた。同アプリを2019年5月に刷新する。

「Apple TV app」にさまざまなブラッシュアップを図った
「Apple TV app」にさまざまなブラッシュアップを図った

 新たにHBO、Starz、SHOWTIME、CBS All Accessなど米国のメジャーな放送局、ケーブルテレビ局の動画配信コンテンツを「Apple TV channels」として追加、ストリーミング視聴を可能にする。別途パスワードの入力やアプリを追加しなくても、TVアプリの中でシームレスに視聴を楽しめるのが特徴だ。

 動画コンテンツ再生中に広告やポップアップの表示がなく、iPhoneやiPadなどのモバイル端末で視聴する場合は、オフラインキャッシュ再生も選べる。ファミリー共有にも対応する。

米国を代表するCATV局、IPTVサービスを展開するチャンネルなどがApple TV appのプラットホームに加わる
米国を代表するCATV局、IPTVサービスを展開するチャンネルなどがApple TV appのプラットホームに加わる

 TVアプリの使い勝手も高める。約150種類の動画ストリーミングサービスから好みのコンテンツがすぐに見つけられるように、ユーザーインターフェースのブラッシュアップを図った。例えばApple MusicやApple Booksのように、ユーザーの好みに合わせた動画コンテンツをリコメンドする「For You」セクションを追加。Siriによる音声操作を使った動画検索も可能だ。TVアプリにはiTunes Storeでユーザーが購入・レンタルした動画コンテンツのリストを統合し、横断検索の対象とした。

 5月のサービスリニューアル後は、現在10カ国で利用可能なサービスの対象地域を100カ国に順次拡大していくことも明らかにした。日本が含まれるどうかは、現時点では不明。動画視聴はiPhone/iPad、Apple TVの他に、今秋にはMacでも可能になる。

 19年1月に米ラスベガスで開催された家電・技術見本市「CES」では、韓国サムスンが19年に発売するスマートテレビのiTunes対応が明らかにされた。TVアプリも春から利用できるようになるようだ。他にもLG、ソニー、VIZIOのスマートテレビ、Amazon Fire TV、Rokuなどの動画ストリーミング機器にも、TVアプリの対応が広がりそうだ。

アップルは独自制作の動画コンテンツを定額配信する「Apple TV+」を発表
アップルは独自制作の動画コンテンツを定額配信する「Apple TV+」を発表

 TVアプリには、新しい定額制のオリジナル動画配信サービス「Apple TV+(アップルTVプラス)」も19年秋に加わる。ステージにはゲストとして映画監督のスティーブン・スピルバーグ氏や女優のジェニファー・アニストン氏、セサミストリートのキャラクターも駆けつけた。

 アップルは「Apple TV+のユーザーとしてサービスに登録すると、広告表示に妨げられることなく、アップルオリジナルの多彩なコンテンツを楽しめる」と説明している。Apple TV+は「秋から100を超える国々」で展開されるが、価格については秋までに発表する予定だ。

Apple TV+の応援に駆けつけたスティーブン・スピルバーグ氏
Apple TV+の応援に駆けつけたスティーブン・スピルバーグ氏

 オリジナルの動画コンテンツ配信は、Netflixやアマゾンなど先行する“巨人”が、米国内で圧倒的なシェアを獲得している。後発のアップルがどう対抗していくのか。サービスの成功は競争力のある月額利用料金を打ち出せるかだけでなく、魅力的なコンテンツの提供と、Android OSやWindowsなど他社のプラットホームにもTVアプリをオープンに供給する決断に踏み切れるかにかかっている。

否定派6割にショック 資生堂が技術革新でファンデ需要を活性化
体験求める「UX世代」攻略法 欧州の小売業界が見いだした答え