自走ロボットや自動運転車を利用したデリバリー方法が注目されている。2019年1月には、米アマゾンが自律走行するデリバリー・ロボットの「スカウト(Scout)」を発表。現在は、同社の地元であるワシントン州でテスト走行を行っている。

米アマゾンが発表したデリバリー・ロボット「スカウト」は、6つの車輪がついた小型サイズ(写真/amazon.com)
米アマゾンが発表したデリバリー・ロボット「スカウト」は、6つの車輪がついた小型サイズ(写真/amazon.com)

 今まで発表されているデリバリー・ロボットには、さまざまな形状とサイズがある。アマゾンの他、先行する米キーウィー(Kiwi)の自走ロボットは、小型スーツケースくらいのサイズ。1件ずつの注文を、その都度こなすという想定だ。少量の急ぎの配達やレストランからのテークアウトといった用途に向けて開発している。これに対し、複数の注文を1回の走行で行う、より大きなロボットもある。こちらは日々の食料品の注文を配達しようともくろんだ。例えば米ニューロ(Nuro)は、スーパーマーケット・チェーンのクローガーと共同でテストを行っている。

米ニューロのデリバリー・ロボットは、食料品などの複数の配達を1回の走行でこなす(写真/nuro.ai)
米ニューロのデリバリー・ロボットは、食料品などの複数の配達を1回の走行でこなす(写真/nuro.ai)