国際ユニヴァーサルデザイン協議会(IAUD)が初めて国外で開催した「第7回国際ユニヴァーサルデザイン会議2019 in バンコク」。ユニバーサルデザインに対する東南アジアからの高い関心に応えた。開会式には安倍晋三首相のビデオメッセージが流れ、日本とタイの友好関係を象徴する会議となった。

会場では日本語や英語、タイ語でそれぞれ同時翻訳や字幕があった。日本語の手話も行われた
会場では日本語や英語、タイ語でそれぞれ同時翻訳や字幕があった。日本語の手話も行われた

 同会議は2019年3月、バンコクにあるモンクット王工科大学ラートクラバン校で開催。「ユニヴァーサルデザインによる持続可能な発展」とのテーマを掲げ、パネルディスカッションやワークショップ、「IAUD 国際デザイン賞2018」の授賞式などを行った。

 狙いは、日本とタイの友好関係をユニバーサルデザインを通じて深めるためだ。モンクット王工科大学は、地域開発をテーマにした活動によって17年のIAUD国際デザイン賞をで受賞。タイにユニバーサルデザインを根付かせるため、日本や欧米の知見を取り入れたいと自国での開催を要望していた。人口の高齢化や観光ビジネスでのニーズなどから、ユニバーサルデザインの重要性を感じているからだ。こうした趣旨に日本政府も賛同。開会式には安倍晋三首相のメッセージがビデオで流れ、佐渡島志郎在タイ日本国大使の他、タイ側の要人も参加。両国の友好関係を象徴する会議となった。