東京都心の日本橋で、新感覚の “花見” が始まった。街のシンボルとして定着した福徳神社を見守る“森”を、デジタルアートの桜が照らす。石畳が続く仲通りには、夕闇が迫ると“桜のカーペット”が現れる。五感でアートを楽しむ仕掛けは、三井不動産と若手クリエイターの共創から生まれた。

東京・日本橋の福徳の森に突如現れたデジタルアートの桜。約10万球のLEDの輝きが、幻想的な光を放つ
東京・日本橋の福徳の森に突如現れたデジタルアートの桜。約10万球のLEDの輝きが、幻想的な光を放つ

 桜から幻想的な光が漏れる。6回目を迎えた日本橋桜フェスティバルに、新たな見どころが加わった。その名も「The Tree of Light -灯桜(ともしざくら)-」。実際の桜の木ではなく、葉の一枚一枚にLEDを仕込んだデジタルアートである。

 灯桜が立つのは、再開発によって生まれた福徳の森。商業施設「コレド室町」に隣接する憩いの場だ。淡いピンク、鮮やかな緑、燃えるような赤など、音や風に反応して刻一刻と色彩を変える高さ8メートルの“デジタルツリー”に、道行く人が次々と足を止め、スマートフォンを構えていた。

葉の色はピンクだけでなく、刻一刻と変わる。葉の一枚一枚にLEDを仕込んである
葉の色はピンクだけでなく、刻一刻と変わる。葉の一枚一枚にLEDを仕込んである

砂漠の中に1本だけ立っていた木

 このデジタルツリーには、モチーフとなった作品がある。毎年8月、米ネバダ州で開催される世界最大級のアートフェスティバル「Burning Man(バーニングマン)」。外部から隔絶した砂漠の中、世界中から集まったアーティストたちが共同生活を送り、最後に巨大な人形「マン」を燃やして締めくくるというこの“奇祭”で2017年、大きな話題をさらった「The Tree of Tenere(テネレの木)」だ。

 テネレの木とは、サハラ砂漠の南、アフリカのニジェール共和国に広がるテネレ砂漠に1本だけ生えていた木のこと。テネレとは、現地の言葉で「何もない所」の意味。“砂漠の中の砂漠”と呼ばれた場所の目印となったのがテネレの木であり、バーニングマンでは、現代の砂漠の中にLEDの光を広げる孤高のデジタルツリーとしてよみがえった。

 「テネレの木は“道の目印”となった木。日本に持ってくるなら、日本橋が最も親和性が高いと制作チームに選んでもらえた」と、三井不動産日本橋街づくり推進部の坂本彩主事は語る。

 日本橋は江戸時代に五街道の起点として栄え、今も日本橋から全国へ高速道路が延びる。まさに日本の中心の目印として、「日本版テネレの木」を“上陸”させるにはふさわしい場所だ。

 The Tree of Tenereを手掛けたデザインスタジオ「シンメトリーラボ」と、インタラクティブ・クリエイティブ・カンパニー「バスキュール」が手を組み、チーム「The Tree of Light Japan」を結成。日本ならではの試みとして、桜の木をデジタルで表現すると決めた。

 「伝統と革新が融合する日本橋らしい表現で、新しいテクノロジーを活用したアート作品を集客の核としたかった。ぽつんとアートを置くだけというのはこの街に合わない。街のストーリーとの親和性があって初めてやる意味がある」と坂本氏は力を込める。

 その桜へといざなうもう一つの仕掛けも用意した。福徳神社の“参道”に当たる、コレド室町の仲通りに全長16メートル、幅3メートル超の「サクラカーペット」を出現させたのだ。

 このカーペットは「nihonbashi β(日本橋ベータ)」という新プロジェクトから生まれた。若手クリエイターと日本橋をつなぎ、日本橋の未来を創る取り組みとして18年秋にスタート。日本橋を彩ってきた老舗ののれんを、自由な発想と最新のテクノロジーで創作するという「未来ののれん展」で優勝した1期生の4人が、桜フェスティバルに合わせて開発した。

 全6台のプロジェクターで石畳に映像を投映し、人感センサーで来場者の動きを感知。カーペットの上を歩けば、満開の桜を咲かせる体験ができるという仕組みだ。

LINEの「脱スマホ」戦略 スマート端末でアマゾンに対抗できるか
湖池屋スコーンはなぜ新キャラ「ゴリラ」をデザインしたのか