日本でのMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)の普及促進を目指す「JCoMaaS(ジェイコマース)」には、都市交通計画の中心的な研究者である横浜国立大学理事・副学長の中村文彦教授と、自動運転の第一人者として知られる東京大学の須田義大教授が参画。日本の交通をリードしている“両横綱”が見据えるMaaSの未来とは?注目の対談の後編をお届けする。

JCoMaaSの専門ワーキンググループは、都市交通政策やモビリティ、情報通信、MaaSサービスデザイン、システムなどをテーマに開催。そこでの議論を取りまとめて会員向けにリポートし、海外事例なども適宜報告される予定
JCoMaaSの専門ワーキンググループは、都市交通政策やモビリティ、情報通信、MaaSサービスデザイン、システムなどをテーマに開催。そこでの議論を取りまとめて会員向けにリポートし、海外事例なども適宜報告される予定

キーワード先行のMaaSに懸念も

18年から鉄道会社や自動車メーカーなどが、日本でもMaaSの実証実験を始めています。MaaSを社会実装していく上で障害となることは何でしょうか。

スポーツ産業はeスポーツに学びたいが、五輪競技としては否定的
江崎グリコ「バランス食堂」 総菜の素への罪悪感を越えられるか