米ウーバー・テクノロジーズを一般の自家用車を活用した配車サービスの会社と理解するのは、もはや時代遅れだ。ラストワンマイルをつなぐ自転車シェア、公共交通機関との連携など、すべての移動を1つのアプリで提供するMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)企業への脱皮が急速に進んでいる。2019年3月に来日した米本社の新規モビリティ統括責任者に話を聞いた。

ウーバーが米国を中心に展開している電動自転車のシェアリングサービス「JUMP Bikes」
ウーバーが米国を中心に展開している電動自転車のシェアリングサービス「JUMP Bikes」

米ウーバーの新規モビリティグループの役割は?

レイチェル・ホルト氏(以下、ホルト氏) 2018年7月に立ち上がった新部署です。これまでウーバーは、自家用車などを使った送迎のマッチングサービス「uberX」や、同じ方向に向かう乗客同士の相乗りサービス「uberPOOL」など、クルマによるサービスにフォーカスを当ててきました。すでに64カ国、600都市以上で、7500万人の乗客と300万人のドライバーが登録しており、毎日1500万回以上の乗車をサポートしています。

米ラスベガスのホテルに設置されたウーバーのピックアップゾーン(写真/Shutterstock)
米ラスベガスのホテルに設置されたウーバーのピックアップゾーン(写真/Shutterstock)

 ウーバーが目指すのは「マイカーフリー社会」です。それに資する新しい移動のプラットフォームに我々が進化していくためには、クルマによる移動サービスだけでは不十分。A地点からB地点に行くに当たって、必ずしもクルマに乗ることがベストとは限らないからです。電動自転車や電動スクーター(立ち乗りの電動キックスクーター)、既存の公共交通機関も含めて、すべての移動手段をパーツとして考える必要があります。

 そのうえで、あらゆる移動手段の中でどの方法がベストなのか。Uberアプリが個々人のニーズに合わせて教えてくれるという、ワンストップショップの世界を描いています。例えば、目的地に一番早く行ける手段は何か、一番安く行くにはどうするか。大きい荷物があるのかどうか、移動中に電話をするから1人で行きたいのか、それとも他の人と一緒でも安く行きたいのか、自転車や電気自動車といった環境にやさしい移動手段を選びたいのか――。

 こうしたバラバラの要求に対して、Uberアプリが適切な方法をレコメンデーションすることで、ユーザーの移動体験をもっと心地いいものにする。そのために必要な新しいモビリティサービスの立ち上げ、第3者とのパートナーシップの構築などを担うのが、新規モビリティグループのミッションです。

米ウーバー・テクノロジーズのバイスプレジデント兼新規モビリティ統括責任者のレイチェル・ホルト氏。米ベイン・アンド・カンパニー、消費財メーカーの米クロロックスを経て、2011年にウーバーに参画
米ウーバー・テクノロジーズのバイスプレジデント兼新規モビリティ統括責任者のレイチェル・ホルト氏。米ベイン・アンド・カンパニー、消費財メーカーの米クロロックスを経て、2011年にウーバーに参画