※日経トレンディ 2019年4月号の記事を再構成

革新的サービスで躍進中のベンチャー企業のトップ3氏が、「周りの経営者の間でも大ブーム中」という『キングダム』について、誌上対談を実施。「よくできたマネジメント論」と、3氏が口をそろえて語る同作品から、何を学び、経営にどのように役立てているのか──。企業を成長させる“キングダム経営”の極意を語り尽くした。

©原泰久/集英社
©原泰久/集英社
写真左
久保田裕也氏
オトバンク社長
本を音にしたオーディオブック配信サービス「audiobook.jp」を運営。定額制の聴き放題プランが話題に

写真中
山野智久氏
アソビュー社長
全国各地のレジャーや遊び、体験を予約、購入できる、日本最大級のマーケットプレイス「asoview!」を運営

写真右
金谷元気氏
akippa社長
全国の駐車場予約ができる、駐車場シェアリングサービス「akippa」を運営。空きスペースを気軽に貸し出せるのも特徴

山野智久氏(以下、山野) 『キングダム』はまさにベンチャー企業の成長物語。読むたびに泣いています(笑)。経営者仲間で話題になることも多く、“バイブル”だと語る人までいますね。

金谷元気氏(以下、金谷) 私も、それで気になって読んでみたら、見事にどハマリしました。まるで自分のことが描かれているような(笑)。

久保田裕也氏(以下、久保田) 本当にそうですね。私は三国志が好きで、その流れで『キングダム』を読みましたが、すぐに魅了されました。

山野 マネジメント理論をまとめたビジネス書として学びが多いと感じています。主人公が仲間とチームとして武功を上げていく過程で、ビジョンの共有、檄の飛ばし方、階層の定義、人材登用、報酬制度……というような、組織の動かし方が凝縮。まさに会社運営で必須のことばかりです。

久保田 私はお2人のように、創業社長ではないのですが、組織をまとめていく過程でそのときどきに直面した問題とまさに一致していました。経営論や組織論の哲学として孫子、孟子などに立ち返ることは多いですが、実践的という意味では人間臭い『キングダム』が参考になります。

山野 中でも、ベンチャーの生命線ともいえるビジョンや視座の共有は気づきが多いです。うちでは、メンバー全員に“必読本”として読むように推奨しています。というのも、「共通言語」をつくるのに最適だから。

久保田 ベンチャー企業って、中途採用のメンバーも多いですから、共通の成功体験は生まれにくい。意思統一は難しいですよね。

山野 そう。例えば、「頑張る」という言葉一つ取っても、どのぐらい頑張らなきゃいけない局面なのか、ズレが生じます。そんなときに、「函谷関のあの戦いのように」といえば、どれだけ切迫した状態か共有できます。伝えたいことをビジュアルとして想起できる漫画は、コミュニケーションを円滑にする強いツールなんです。

金谷 うちも経営陣はみんな読んでいます。同じく、共通言語として日々の会話に出てきますね。

山野 ビジョンを具体的に示すことの重要性を教えてくれるのが、信の同郷の仲間で創成期のメンバーにもかかわらず、戦いの後に占領した村で窃盗を働いたとみられる尾平(びへい)を破門するシーン。勝ったからといって敵を殺したり、略奪を働いたりするべきではない。「子供の頃に夢見た天下の大将軍になりたい」と宣言する。あれは、信がどんな大将軍を目指すのか、初めてビジョンを明言した瞬間だったと思います。

久保田 内容だけでなく、しゃべり方、声のトーン、表情など、細部が変わるだけでもビジョンの伝わり度合いは違いますよね。

山野 だからこそ、『キングダム』でもたびたび描写されますが、トップが直接語りかける場を意識的につくるようにしています。うちでは2週に1度、社員全員が集まる朝の会議を行っていますが、数カ月前から『キングダム』に倣って「軍略会議」と呼び方を変えたんです。私自身が現状の戦局や具体的なビジョンを直接語る最重要な場であることを浸透させたかったから。軍略会議って戦だと「出なければ死ぬ」という緊迫感があるじゃないですか。強い思いを伝えるのにうってつけなんですよ。

全社員が集まる「朝会」の呼称を「軍略会議」に変更。会社運営のためのビジョンを自ら語り、社員が当事者意識を持てる機会を意識的に設けている
全社員が集まる「朝会」の呼称を「軍略会議」に変更。会社運営のためのビジョンを自ら語り、社員が当事者意識を持てる機会を意識的に設けている
44巻480話
44巻480話
「信が初めてビジョンを語った」と山野氏が感じた場面
13巻133話
13巻133話
戦時の重要会議である軍略会議の名称を会議に導入し、全社員の意識の統一を図る