オープンイノベーションをやっていく上で、これまでにないサービスをやる―――。ソニーは企画書1枚からでも受け付けるという、スタートアップの創出と事業運営を支援する「Sony Startup Acceleration Program(SSAP)」を立ち上げた。他社にソニーの総合力を開放する“太っ腹”なサービスの中身とは。

「wena wrist」のアイデアスケッチ。ここから始まった……

 「アイデアを事業にする。ゼロから世界を創り出すために、アイデア作りからファンディングを含めた拡大まで一気通貫にサポートするオール・インクルーシブ(全込み)型の仕組みを提供します」。2019年2月20日、記者発表に登壇したソニー Startup Acceleration部門 副部門長 Startup Acceleration部 統括部長 兼 Open Innovation & Collaboration部 統括部長の小田島伸至氏は、そう宣言した。

ソニー Startup Acceleration部門 副部門長の小田島伸至氏

 言い換えればアイデア段階であっても、その企画自体にビジネスとしての将来性が認められれば事業化し、その事業の拡大までフルで支援してくれるわけだ。本当にそんなことができるのか。小田島氏はSSAPの前身で、社内のスタートアップの創出と事業運営を支援するプログラム「Seed Acceleration Program(SAP)」で事業化されたハイブリッド型スマートウオッチ「wena wrist(ウェナリスト)」を実例として挙げる。

紙1枚から事業化――SAPによって誕生したハイブリッド型スマートウオッチ「wena wrist」

 この製品の発端は、入社1年目の“時計好き”の社員(現・ソニー Startup Acceleration部 wena事業室 統括課長の對馬哲平氏)が、小さなノートにアイデアを記した手書きのスケッチだった。15年3月から事業化の検討が始まり、同年8月末から10月末までの2カ月間、クラウドファンディングで顧客検証を実施し、当時日本のクラウドファンディングで最高額という1億円以上の資金を調達。その実績をひっさげ、アイデアが採用されてから1年3カ月後の16年6月末、一般販売を開始した。17年12月には第二世代の「wena wrist」を発表し、セレクトショップ「BEAMS」やエヴァンゲリオン、SEIKOなどとのブランドコラボを実現し、新規顧客の獲得につなげた。英国での展開も発表するなど、事業拡大は着々と進んでいる。

新入社員時代の思いを見事「wena wrist」の事業化によって達成した、ソニー Startup Acceleration部 wena事業室 統括課長の對馬哲平氏
「wena wrist」は、BEAMSやエヴァンゲリオン、SEIKOなどとのコラボを実現

 なぜソニーは新入社員がノートに書いたアイデアを、1年ちょっとで製品化し、4年足らずで海外展開できる製品にまで事業拡大できたのか。その理由はSAPが企画、設計、生産、販売、宣伝、資金調達など、事業立ち上げからその拡大に至るまで、あらゆるフェーズで必要な人材や設備、ノウハウといった“ソニーの総合力”を惜しみなく注ぎ込んだからだ。“社内事業”ならいざ知らず、今度はここで得た知見を社外にも開放し、SSAPというサービスとして提供するという。

 では、その中身を見ていこう。

首都圏「住みやすい街」は市ケ谷・北山田 意外な結果のワケ
完全なる共存共栄型の新事業でソニーが手に入れたかったものとは