2019年1月17日、イッセイ ミヤケの男性向けブランド「HOMME PLISSÉ ISSEY MIYAKE(オム プリッセ イッセイ ミヤケ)」がパリでプレゼンテーションを開催した。会場に選んだのは、ポンピドゥー・センター。ギャラリーに入ると目の前に現れたのは、つり輪や渡り綱を配置したアリーナのような空間だ。

プレゼンテーションのクライマックス。カラフルな衣装をまとったモデルたちがつり輪で演技をした
プレゼンテーションのクライマックス。カラフルな衣装をまとったモデルたちがつり輪で演技をした

 プレゼンテーションは、これまでのファッションショーとは一線を画すものだった。モデルたちは会場内を走り回り、つり輪にぶらさがり、さらに綱渡りまでしてみせる。「シワにならず、軽くて動きやすい着心地の新しい日常着」という同ブランドのコンセプトを、躍動感あふれるプレゼンテーションで伝えた。

ロープクライミングをするパフォーマー
ロープクライミングをするパフォーマー

 同ブランドのパリでの発表は、13年にブランドがスタートしてから初めての試み。従来のファッションショーとは異なる、楽しめるプレゼンテーションを目指した。開催は突然の決定で、試行錯誤しながらも約2週間で作り上げたという。三宅一生氏の提案により、男性目線の新しい日常着の探求を進めてきた同ブランドの、パリでの挑戦につながった。

缶コーヒー市場下降も何のその、サントリーBOSSの生き残り戦略
若者に受けたスコーンのそしゃく音 湖池屋が使った「ASMR」とは