伊勢丹新宿店で、店頭で客の足型を測定し、靴の一部を3Dプリンターで造形するサービスが始まった。システムを開発したのは、デンマークの靴メーカー、ECCO(エコー)。測定から造形まで1時間で完了し、その場で手渡しできる。ネット通販などに押される百貨店にとり、集客の起爆剤になると期待される。

伊勢丹新宿店メンズ館の紳士靴売り場に、3Dプリンター(左)と3D足型測定器(左下)、トレッドミル(ランニングマシン、右)を設置した

 三越伊勢丹は、伊勢丹新宿店メンズ館で、3Dプリンターを活用した靴のカスタマイズサービス「QUANT-U(クアントゥー)カスタマイゼーション・プロジェクト」(以下、QUANT-U)を2019年2月20日に開始した。

 地下1階の紳士靴売り場の一角に専用スペースを設けて、3Dプリンターや測定器などを設置し、19年3月26日までの期間限定でサービスを提供する。

 QUANT-Uは、デンマークの靴メーカー、ECCO(エコー)によるサービスで、同社が測定・製造システムを開発した。靴の中敷きの下に入れるミッドソールを3Dプリンターによって造形する。

 QUANT-Uでは、まず、ユーザーが3D足型測定器で足の形状をスキャンし、データ化する。次に、ユーザーはセンサーを搭載した靴を履いて、専用のトレッドミル(ランニングマシン)の上で歩く。これによって、歩行するユーザーの足の傾きや左右のバランス、負荷などのデータをリアルタイムに解析。これらのデータをクラウド上に送信し、AI(人工知能)によって、ユーザーにとって最適なミッドソールの3次元データを生成する。最後に3次元データを3Dプリンターに送り、ミッドソールを造形する。

QUANT-U用の靴と3Dプリンターで造形したミッドソール(奥)。ミッドソールは、黒い中敷き(手前)の下に敷いて使用する。ミッドソールの素材は、米ザ・ダウ・ケミカル・カンパニーが開発した液状シリコンゴムを使う
素材のシリコンゴムとハニカム構造が生み出す弾力性により、ミッドソールが歩行時の衝撃を吸収し、心地よいフィット感を実現する。ミッドソールを造形するためのデータは、仏ダッソー・システムズの3DCADシステム「CATIA」に組み込んだ独自のアルゴリズムによって生成する

 3D足型測定は約15秒、歩行データの解析は約45秒とそれほど時間はかからない。測定から造形完了まで約1時間で終わるという。造形が終われば、後処理などは必要なく、そのまま靴と一緒にユーザーに手渡せる。価格は、靴が2万6000円、ミッドソールが2万5000円、計測費用が2万5000円の合計7万6000円(税別)。計測データは保管されるので、次回購入時には計測費用は不要になる。靴は、13種類の中から選択できる。

 ECCOは、18年4月にオランダのアムステルダムにあるECCOコンセプトストアでQUANT-Uを公開し、注目を集めた。これまでは試験的に運用してきたが、商用サービスは伊勢丹が世界初となる。

店舗には、2台の3Dプリンターを設置し、同時に左右2枚のミッドソールを約1時間で造形する
QUANT-Uの専用靴。13種類の中から好みの靴を選べる。靴本体の価格は2万6000円。他にミッドソールに2万5000円、計測費用に2万5000円(いずれも税別)が必要
完全なる共存共栄型の新事業でソニーが手に入れたかったものとは
寿司とのカニバリを恐れない くら寿司「新ハンバーガー」の狙い