東京急行電鉄と東日本旅客鉄道(JR東日本)、ジェイアール東日本企画が、「伊豆MaaS」の実証実験を2019年4月1日から始める。新たに導入する専用MaaSアプリは、日本初上陸となる独ダイムラー子会社のmoovel(ムーベル)が担う。また、割安なデジタルフリーパス、下田で運行を始めるAI(人工知能)オンデマンド乗り合い交通など、その全貌が明らかになった。

実証実験に合わせて導入される専用アプリ「Izuko(イズコ)」。ダイムラー傘下でモビリティサービスを展開するmoovelのプラットフォームを活用

 実証実験に参加する交通事業者は、東急とJR東日本の他、伊豆急行鉄道・伊豆急東海タクシー(東急グループ)、伊豆箱根鉄道・伊豆箱根バス(西武グループ)、東海自動車(小田急グループ)といった地元の有力プレーヤーが勢ぞろい。下田のヒフミタクシー、栄協タクシーを加えて、9社が名を連ねる。展開エリアは、西伊豆を除いた広範囲に及び、第1弾の実証実験はJRの「静岡ディスティネーションキャンペーン」に合わせて4月1日~6月30日に実施。第2弾は9月1日~11月30日の期間で行う計画だ関連記事「【特報】東急電鉄もMaaS参戦! 19年春に実証実験スタート」)。

伊豆MaaSのサービスイメージ。観光支援で楽天も参加する

 今回の目玉の1つが、専用のMaaSアプリである「Izuko」。「powerd by moovel」として、マルチモーダルな統合プラットフォームを世界展開しているmoovelのシステムを日本で初めて導入している。今回の会見に合わせて来日したmoovelアジアパシフィック担当のChristoph Stadler(クリストフ・スタドラー)氏は、「相手先ブランド(ホワイトレーベル)によるMaaSアプリの展開は、世界で9つ目。日本でもIzukoの取り組みをきっかけに、マルチモーダルなMaaSアプリを実現するバックボーンとして、公共交通や自治体などを支援していきたい」と話す(クリストフ氏の一問一答は、3ページ目に掲載)。

 一方、東京急行電鉄の事業開発室プロジェクト推進部、森田創課長は「18年5月に実証実験の企画が持ち上がり、僅か8カ月で発表にこぎつけた。MaaSに必要な機能やノウハウがそろっているmoovelと、ひとまず組むことで早期実現が可能になった」と説明する。Izukoはmoovelのプラットフォームを軸に、複数の事業者のサービスを繋ぐことでコストを抑えながら短期間で開発した。

 注目のIzukoでできることは、検索→予約→決済という流れで、大きく3つある。まず、ルート検索については、経路検索ソフト「駅すぱあと」を展開するヴァル研究所のシステムとAPI連携。現在地から目的地を入力すると、所要時間が短いルートや料金が安いルートなど、複数のルートが提案される。伊豆エリア以外からのルート表示も可能で、対象エリアでは伊豆急(伊東―伊豆急下田)、伊豆箱根鉄道の駿豆線(三島―修善寺)、および伊豆箱根バス、東海バスとの乗り継ぎルートを提示する。

Izukoの主な機能一覧
Izukoの画面イメージ。デジタルフリーパス(左)と、経路検索結果画面(右)(画像は開発中のもの)
飲料、電機、メガバンクもeスポーツに参画 狙いは若者との接点
注目のモビリティ革命「MaaS」 国内外の最新動向を一気読み!