広島お好み焼きを象徴する店といえば、「みっちゃん総本店」だろう。焼け野原となった戦後の広島に、お好み焼き文化を広めた功労者で、全国展開せず、広島でその味を守り続けてきた。そんな「みっちゃん」が2019年1月29日、東京に進出した。歴史的な出店は、旧友とのあうんの呼吸で生まれた。

広島で愛され続ける「みっちゃん総本店」のお好み焼き。東京・新橋に待望の県外1号店がオープンした

 “サラリーマンの聖地”としてにぎわう東京・新橋。烏森口を出てすぐの路地裏に、ガラス張りのグルメビルが誕生した。「eatus新橋(イータス新橋)」だ。「食の楽しみを足す」ことをコンセプトに、地下1階から地上8階まで全9店がひしめく。ひときわ注目を集めるのが、2階の「みっちゃん総本店」。広島お好み焼きの元祖が、ついに東京へと攻め込んだ。

注目のモビリティ革命「MaaS」 国内外の最新動向を一気読み!
2030年初頭で世界1000兆円超 自動運転タクシーの衝撃