2018年は「eスポーツ元年」と言われたものの、本当に盛り上がっているのか疑問に持つ人も多いかもしれない。一方で、新たな広告ツールとして注目する企業もある。電機メーカーや飲料メーカー、メガバンクまでもがeスポーツイベントに出資し始めたのだ。その狙いは若者との接点構築だ。

2018年12月に開催されたeスポーツ大会「Shadowverse World Grand Prix 2018」は、100万ドルの優勝賞金が話題となった(写真提供/Cygames)

 2018年12月、Cygamesのスマートフォン/PC向けカードゲーム「Shadowverse」の世界一を決める大会「Shadowverse World Grand Prix 2018」が千葉・幕張メッセで開催された。日本、アジア、欧米での大会を勝ち抜いた選手24人が、100万ドル(約1億1000万円)という高額の優勝賞金を狙って戦いを繰り広げた。

 この大会の協賛企業として、パソコンメーカーのマウスコンピューター、ゲーミングチェアブランドのDXRACERと共に名を連ねたのが、ソフトバンクとシャープ、大塚製薬だ。

 シャープとソフトバンクは、会場内にブースを出展し、同月に発売したシャープの最新スマートフォン「AQUOS zero」を展示。来場者がAQUOS zeroを使って、Shadowverseの対戦プレーができるコーナーを用意していた。会場にいたシャープの担当者は、「AQUOS zeroの特徴は高性能でありながら軽いこと、充電しながら使っても熱くなったり性能が下がったりしないこと。ゲームを楽しむのに適した端末だが、それは使ってみないと実感できない。単なるスペックではなくユーザーの使い方を訴求するために、試用の場を設けた」と出展の目的を説明する。

 大塚製薬は、会場入り口で「ポカリスエット ゼリー」の商品サンプルを無料配布。観戦しながら飲めるようにしていた。

シャープとソフトバンクが出展したブースは盛況。「AQUOS zero」を使ってゲームを体験できた(写真提供/Cygames)
大塚製薬は「ポカリスエット ゼリー」の商品サンプルを配布

 CygamesでShadowverseのプロリーグ運営などを担当するCygames メディアプランナーの川上尚樹氏は、近年の大会運営を振り返り、「2018年以降、ゲームと直接関係ない企業がeスポーツに興味を示すようになった」と話す。日本で行われるeスポーツイベントのスポンサーと言うと、少し前まではパソコンメーカーやキーボード、マウスといった周辺機器メーカーなど、ゲームに関連する業界の企業が中心だったが、顔ぶれが少しずつ変わってきているという。

 背景にあるのは「eスポーツ」の認知拡大だ。「“eスポーツ”という言葉が広く知られるようになるにつれて、これまで“リアル”なスポーツに協賛してきた企業などからeスポーツで何かやりたいと相談されるケースが増えている」(川上氏)。

 これらの企業のターゲットは、eスポーツ会場に足を運んだり、ネット配信で試合を観戦したりする若年層だ。現在の10代、20代はテレビよりもネット配信動画を見ている人が多い。ゲーム実況はこうした世代に人気のコンテンツだ。彼らに自社やその商品・サービスを知ってもらいたい企業にとって、eスポーツはテレビCMに代わる新たなコミュニケーションツールになりうる。

 中でも積極的なのは、飲料・食品メーカー。Shadowverseの大会を協賛した大塚製薬のほか、2018年1月に開催されたEVO Japan 2018に協賛した日清食品の「カップヌードル」なども代表例だ。

 ドリンクや食品は価格も安く、若い人が購入しやすい。イベント会場などで配布されたサンプルを試し、気に入れば、すぐに買ってくれる可能性がある。eスポーツを支援することが、企業や製品のイメージアップや親近感向上にもつながるという期待もある。