九州を中心にディスカウントストアなどを展開するトライアルホールディングスは、店舗に設置するAI(人工知能)カメラを開発した。1000台規模の量産を完了し、実店舗に導入するための検証を始めた。自社の仕様に沿った製品を、大量かつ安価に入手する狙いがある。

トライアルは福岡市の新店舗に700台のAIカメラを導入した

 自社で設計した仕様に基づいて、中国・深圳の協力工場で2018年末に1000台規模で量産した。コストは現時点で1台1万円以上だが、大量導入するため早期に1万円以下を目指す。

 トライアルは18年2月、福岡市の新店舗に他社製のAIカメラ約700台を導入し、顧客の動きや棚の品物の売れ行きを把握する用途に活用し始めた。

トライアルが自社で開発したAIカメラ。実験店舗で試行を重ねている

AIカメラを他社へも販売