スマートフォンを活用した決済に、自走型ロボットを組み合わせることで商品の搬送も自動化した新型省人カフェが東京・神谷町に開業した。ロボットがエレベーターを動かし、高階層までコーヒーを届ける。同店は森トラストが実施する実証実験。2020年開業予定の新たな施設での本格稼働を見据え、半年間に渡り検証する。

森トラストは2019年1月7日から、スマートフォンで注文して、ロボット「Relay」がオフィスにコーヒーを届ける新型の省人店舗の実証実験を始めた
森トラストは2019年1月7日から、スマートフォンで注文して、ロボット「Relay」がオフィスにコーヒーを届ける新型の省人店舗の実証実験を始めた

 職場の座席でスマートフォンのアプリを立ち上げる。階下のカフェの商品を注文できるアプリだ。商品一覧から購入したい商品を選び、アプリに登録したクレジットカードで決済を完了する。会計の列に並ぶことなく、商品を注文できる。

 注文からおよそ5分が経つと、注文した端末に通知が届く。通知を確認した注文者がエレベーターホールに向かうと、1台の自走型ロボットが鎮座している。注文を受け、ロボットが搬送してきたのだ。注文者がロボットに備え付けられたタブレット端末を操作すると、機体の上部が開く。中に入れられた商品を受け取ると、タブレット端末にお礼が表示される。ロボットが商品を届けてくれるため、エレベーターに乗って商品を受け取りに行く必要はない。商品の受け取りが完了すると、ロボットは自らエレベーターを操作して戻っていった――。

ロボットは人を避けながら、目的地に向かって自動で商品を運ぶ

 不動産開発の森トラスト(東京・港)は19年1月7日から、アプリを活用したキャッシュレス注文とロボットによる搬送を組み合わせた省人店舗の実証実験を、東京・神谷町のオフィスビル「城山トラストタワー」で開始した。同ビルの1階に入居するカフェ「Cafe& Deli GGCo.(ジージーコー)」が実施店舗となる。実験の期間は約半年間で、オフィスが可動する平日のみの運営となる。ロボットはオフィスで働く勤務者と同じルートでコーヒーを届けるため、始業時間や昼食時といった混雑時は運用を避けている。

ロボット活用で他社と差異化

 実証実験では労働人口の減少対策と、オフィスの価値向上の可能性を探ることを主な目的として検証する。「テナントでは労働者を集めることが難しくなっている。今後、ロボットは警備なども含めて活用しなければならない。また、階下までコーヒーを取りに行く必要がなくなるなど、働くストレスを低減することで新たな価値を提供する」(社長室戦略本部イノベーション戦略室の木原圭一専門部長代理)。

 18年から相次ぎ、新たなオフィスビルが設立され、テナント獲得の競争激化が続く。18年には東京・目黒の駅前に開業した「目黒セントラルスクエア」にアマゾンジャパンが新たな拠点を設けた。19年には東京・渋谷の「渋谷ストリーム」にグーグルが移転予定だ。森トラストは、ロボットを活用した付加価値の提供で差異化を図り、テナント獲得につなげたい考え。