JR東日本とJR東日本スタートアップがベンチャー企業などと協業して新たな顧客サービスを実現しようとしている。「JR東日本スタートアッププログラム 2018」を開催し、駅や鉄道、JR東日本グループ事業の経営資源や情報資産を活用できる提案を募集した。

JR東日本スタートアッププログラム2018の審査発表会。PicoCELA(ピコセラ)がスタートアップ大賞に、最優秀賞は「AIを活用した駅や新幹線の流動予測」を提案したメトロエンジン、「新幹線自動改札での手荷物検査装置」を提案したANSeeN(アンシーン)が受賞した。地域循環モデルを提案したファーメンステーションには青森市長賞が贈られた
JR東日本スタートアッププログラム2018の審査発表会。PicoCELA(ピコセラ)がスタートアップ大賞に、最優秀賞は「AIを活用した駅や新幹線の流動予測」を提案したメトロエンジン、「新幹線自動改札での手荷物検査装置」を提案したANSeeN(アンシーン)が受賞した。地域循環モデルを提案したファーメンステーションには青森市長賞が贈られた

 「JR東日本スタートアッププログラム 2018」では、提案者に応じて、駅の構内などでテストマーケティングまで実施する「アクセラレーションコース」と、事業構想の具体化を支援する「インキュベーションコース」の2コースを用意。「アクセラレーションコース」は、既に自社の製品やサービス、プロトタイプを持ち、起業して10年以内の企業が対象。「インキュベーションコース」は、これから起業または起業して間もない企業向けが対象になる。JR東日本スタートアップはベンチャーキャピタル会社で、優秀な提案には資金の提供などビジネス支援にも応じている。

 同プログラムは17年に初開催し、今回は2回目。18年4月から募集し、約180件の提案があった。途中の書類審査を経て23件に絞り、審査発表会で提案者がプレゼンテーション。最も優れた提案を「スタートアップ大賞」に、さらにコース別に「最優秀賞」、全提案の中から「優秀賞」を選択した。大賞は「無線マルチホップ技術による屋外無線LAN環境構築」でPicoCELA(ピコセラ)が受賞。従来は設置が困難だった観光地にWi-Fi環境を構築し、データから顧客の行動傾向を把握するという提案だった。