2018年11月29~30日、オーストリアで第10回「グローバル・ドラッカーフォーラム」が開催された。ウィーンのピータードラッカー協会が毎年開催し、今回は設立10周年の記念的なイベント。経営学の世界的なスピーカーが約100人も登壇し、1000人近い参加者が世界から集まった。

第10回「グローバル・ドラッカーフォーラム」には、多くの日本企業が初めて参加した(写真/イブ・ピニュール)

 ドラッカーは第2次世界大戦後の米国を拠点に活躍したが、ウィーン生まれのオーストリア人である。同協会はウィーンに拠点を置き、ドラッカーの精神や思考に基づいて今後の経営や社会について議論を行っていこうと活動している。とりわけイノベーションやアントレプレナーシップとの結び付きを重視しており、活動の場を世界に広げている。実はこれまでは中国や韓国から多くが参加していたのだが、日本からの参加者はいなかったという。恐らく日本においてはドラッカーその人や著作を重視する傾向があったためかもしれない。今回筆者は、一般社団法人Japan Innovation Network(JIN)代表として、日本企業の参画に関わった。すべての企業は挙げられないが、富士通や富士ゼロックスなどの企業を中心に10数人に初めて参加していただいた。駐日オーストリア大使館商務部にも支援を受けた。

 今回のスピーカーには、マーケティング論で知られるフィリップ・コトラー、経営の戦略論を批判したヘンリー・ミンツバーグ、数多くの革新的な経営概念を生み出してきたゲーリー・ハメルなどの経営学者の他、『ビジネスモデル・ジェネレーション』著者のイブ・ピニュールとアレクサンダー・オスターワルダー、米IDEOのティム・ブラウン、ロジャー・マーティンなどデザイン思考に関わるシンカー(思考家)、さらに経営者や政治家が集まった。驚いたのはフォーラム当日に退任のニュースが流れたユニリーバのCEOポール・ポルマンが登壇したこと。つまり、このフォーラムへの参加を優先したということだろう。

 全体テーマは「経営における人間の次元」である。社会における企業の役割の再認識、AI(人工知能)やロボットの浸透、経営者とワーカーの格差(社員を犠牲にした経営批判)、官僚主義やリーダーシップあるいはリーダー教育の限界、経営における科学的論理分析への偏重への反省、さらには環境問題などが挙がり、いずれも「人間とは何か」を経営において考えざる得ないものとなっている。青臭いテーマかもしれないが、これこそが現代の経営における最先端の課題といえる。最も頻繁に出た言葉は「目的」(purpose)であった。ただ目的の重要性を叫び、議論するのでなく、実践することが不可欠というわけだ。筆者はこれまで「目的工学」なる方法論を標榜してきたが、まさに目的の時代の到来を実感した。経営学での思考法における明らかな時代の変化であり、対応できない企業は先がないといえるだろう。

米IDEOのティム・ブラウンが登壇し、「目的」などについて語った
パネルディスカッションに登壇したヘンリー・ミンツバーグ(スクリーンに投影)やフィリップ・コトラー
会場はオーストリアのウィーンにあるホーフブルク宮殿(写真提供/Peter Drucker Society)