ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)は2018年11月、韓国のアニメ専門放送局・アニプラスと共同でアニメ・ゲームのイベント「Anime X Game Festival」(AGF)を開催した。世界的に人気が高い日本のアニメだが、韓国での公式イベントはこれが初。開催の背景と成功の理由を探った。

韓国で初めて開催された公式のアニメ・ゲームイベント「Anime X Game Festival」。2日間で延べ3万2000人以上が来場し、成功を収めた

 いまや世界中にファンを持つ日本のアニメコンテンツ。テレビ放送や動画配信サービスなどで視聴されたりキャラクターグッズが販売されたりしているのはもちろん、大規模なアニメ関連イベントも世界各地で催されている。

 例えば、アジア地域の「C3 AFA」(旧「Anime Fesitival Asia(AFA)」。2017年に「C3」と統合して改称)。東京のほか、シンガポール、インドネシア、タイ、香港で毎年開催され、日本からも人気アーティストや声優、クリエーターが参加する。米国の「Anime Expo」、欧州ではパリの「Japan Expo」などが有名だ。

 そんな中、日本アニメの人気が比較的低いとされてきたのが韓国だ。他国に比べ、ハイティーン以上に向けたアニメを放送するテレビ局などが少なく、大規模なアニメ関連イベントが開催されたこともない。これは、韓国では“子供の文化”と“大人の文化”の切り分けが明確で、アニメは子供のものというイメージがいまだ強いためだという。

キダルトの台頭で風向きに変化

 だが、そんな社会的空気もこの2~3年で変化してきた。アニメやゲームで育った20~30代が社会に進出し、経済力を付けたためだ。彼らは「キダルト」(“kid”と“adult”を組み合わせた造語)と呼ばれ、アニメやゲームなど子供の頃に好きだったものにお金を投資することに抵抗がない。グッズなどの購入にも積極的だ。SMEと韓国アニプラスが今回、AGFの開催を決めたのもこうした状況を見てのことだった。

 開催は11月3、4日の2日間。会場となった韓国・コヤン市のコンベンションセンター「KINTEX 第2展示場」のホール9は、日本の施設に例えるなら、千葉・幕張メッセのホール7、8といったところだ。ここにライブやトークショーを行うステージ、アニメやゲームとのコラボカフェ、27社、29のブースが並んだ。入場チケットは、一般1日券が2万ウォン(日本円で約2000円)、一般2日券は3万5000ウォン(同約3500円)と設定した(関連記事:「日本アニメに大熱狂 初開催で3万人来場した韓国イベントに潜入」))。

 「正直、開催前はどれくらいの人が来てくれるか分からなかった」と、SMEや出展企業の関係者は口をそろえる。SME取締役CFO兼 コーポレートEVPの今野敏博氏も「当初はまだ早すぎるんじゃないかという議論があった」と明かす。だが、いざ蓋を開ければ2日間で延べ3万2000人以上が来場。初開催のイベントとしては、関係者の予想を超える成功となった。

開場前には3500人もの人が行列を作った
ソニー・ミュージックエンタテインメント取締役CFO兼 コーポレートEVPの今野敏博氏