家具店であり、書店でもある──。斬新な大型店が2018年12月7日、横浜に開業した。島忠(さいたま市)がTSUTAYA(東京・渋谷)と手を組んだ1号店で、「寛(くつろ)ぐ」「眠る」など、12のテーマで家具と本、雑貨を組み合わせた。ペットを連れて家具を選べる書店が、新境地を開くか。

島忠とTSUTAYAが横浜にオープンした新業態店。約5000点の家具と約20万冊の本、雑貨、カフェを組み合わせ、新しいライフスタイルを提案する
島忠とTSUTAYAが横浜にオープンした新業態店。約5000点の家具と約20万冊の本、雑貨、カフェを組み合わせ、新しいライフスタイルを提案する

 港町横浜を代表する観光地みなとみらいから、山下公園を通り過ぎると、左手に「HOME’S」の看板が見えてくる。ホームセンターと家具の複合店舗「ホームズ新山下店」だ。全館リニューアルを終え、外壁に新たに加わったのが「TSUTAYA BOOKSTORE」の文字。家具フロアとして展開してきた2階の2500坪が、島忠とTSUTAYAのコラボ店舗として生まれ変わった。

 「TSUTAYA BOOKSTORE ホームズ新山下店」は、家具と書店を組み合わせた新業態店としてオープンした。コンセプトは「ファーニチャー&ブックカフェ」。カフェを併設しているのはもちろん、家具と本、雑貨を、暮らしのシチュエーション別に編集して並べたのが新しい。

 「家のように寛げる空間を」と、12種類のコンセプトルームを新設。例えば「寛ぐ」部屋は、「ヨコハマブルー」がテーマである。ブルーのデニム素材を加工したサイドボックスや鮮やかな青のインテリアを効果的に配し、「どっぷりと横浜に漬かりたい」ニーズに応えた。

「ヨコハマブルー」をテーマにしたコンセプトルーム。青を基調としたインテリアが映える
「ヨコハマブルー」をテーマにしたコンセプトルーム。青を基調としたインテリアが映える

 「癒し」の部屋では、大胆に緑を取り入れた暮らしをイメージした。「眠る」部屋には家族で川の字になって横になれるベッドを置き、プロジェクターで天井に絵本を映し出す使い方を提案する。「育む」部屋では、リビング学習に対応し、低めのソファーを並べた。各部屋には、こうしたテーマに沿った家具の他、関連本や雑貨を配し、実際に暮らしたときのイメージが湧くように工夫されている。

「癒し」の部屋は、緑あふれる空間に仕上げた
「癒し」の部屋は、緑あふれる空間に仕上げた

家具店がコトを売るとは?

 「島忠は18年で創業60周年を迎えた。家具、ホームセンター業界が苦境に立たたされるなか、新しく、何か変わった提案ができないか、とオープンしたのが今回の売り場だ」(島忠岡野恭明社長)。

 島忠の業績は、足踏み状態が続いている。18年8月期の決算は、営業収益が1462億円と前期比で微減。営業利益は98億円で横ばいだったが、純利益は31.5%減の43億円にとどまった。10月には「中期経営計画2021」を発表。その中では、売上高と売上高に対する営業利益率がいずれも低下傾向にある事実が示された。原因として挙げられたのが、「集客力・収益力のある新業態を創り出せていない」という点である。現状を打開すべく、TSUTAYAとフランチャイズ加盟契約を結び、オープンしたのが今回の店舗だ。

 「これまでは、家具売り場という考え方から、なかなか脱却できなかった。商品を売る、モノを売るという発想が強く、家具屋でコトを売るとは何だろうと考えたときに、ライフスタイルの提案に思い至った」(岡野氏)。しかし、ライフスタイルとひとくくりにしても、一人ひとり重視するポイントは違う。そこでさまざまなコンセプトルームを作るという発想が生まれた。

 特にターゲットにしたのは、小さな子を持つ20~30代のニューファミリーだ。約20万冊の書籍のうち、実に約3万冊を児童書に割き、横浜市内最大級のキッズスペースを併設。芝生付きではだしになって読書ができる。広々としているため、絵本の読み聞かせにも最適だ。

芝生付きのキッズスペース。はだしになって本が読める(上)プログラミングが学べるコーナーも大展開する(下)
芝生付きのキッズスペース。はだしになって本が読める(上)プログラミングが学べるコーナーも大展開する(下)

 さらに、ボーネルンドなど知育玩具の品ぞろえを拡充。小学校で20年にプログラミング教育が必修化されることを見据え、ボードゲームでプログラミングが学べるコーナーも設けた。12のコンセプトルームのうち、「作る」部屋では、親子で楽しめるワークショップも定期的に開催する。