MBSメディアホールディングス(HD)の新事業創出を担う子会社として2018年9月に設立したMBSイノベーションドライブ(MID)が11月29日、1号案件を発表した。15年設立の闇(東京・世田谷)の株式を8割取得し、子会社としたのだ。闇はテーマパークのイベントやプロモーション活動にホラー演出を活用するスタートアップ。1号案件がなぜホラーなのか。そこにテレビ事業の弱点を補うホラーの特性が見えてくる。

 MBSは12年からお化け屋敷ビジネスを展開してきた。「面白い番組ロケができる」「音響、照明、大道具、小道具、メークなど自社のノウハウが生かせる」などの理由からだが、大きな狙いの一つは「若い顧客の獲得」だ。16年に行ったアンケートによると、10代が23%、20代が42%と全体の65%を占める。さらに男女比も男性46.2%、女性53.8%とほぼ同等。「お化け屋敷は、テレビ局がなかなか取ることができないティーン/F1M1を獲得している」(お化け屋敷を担当するMBS事業局事業部の荒井丈介マネージャー)。

お化け屋敷プロデューサーとして著名な五味弘文氏と組んだMBSのお化け屋敷は関西地区の夏の風物詩として定着。過去7年間で自社主催や系列局へ行ったパッケージ販売、海外興行も含めると集客は約50万人に上る
お化け屋敷プロデューサーとして著名な五味弘文氏と組んだMBSのお化け屋敷は関西地区の夏の風物詩として定着。過去7年間で自社主催や系列局へ行ったパッケージ販売、海外興行も含めると集客は約50万人に上る

 若い顧客層を求めているのはテレビ局だけではない。同様に若者層の集客を狙う商業ビルやアミューズメント施設とコラボしたホラーコンテンツの開発や開催の可能性も考えられるし、さらに映像コンテンツなど若者に向けた2次派生コンテンツにもつながる。実際、過去にはお化け屋敷とテーマをそろえたテレビ番組や書籍の製作、体験型ツアー旅行を行った実績がある。

 「我々は、ホラーのムーブメントを生み出す中心は30代以下の男女(特に女性)と分析している。この世代は、デジタルネーティブであり、いろいろな面でそれ以上の世代と差異がある。そこに『刺さる』コンテンツ開発には明確な入り口が必要で、その突破口の一つが『ホラー』だと考えている」(荒井氏)

 そこに闇がどう関わるのか。

2012年に開催された最初のお化け屋敷「ゆびきりの家」。霊となったあやこを成仏させるため、来場者は家に入ってあやこを探し布団の端から出ている指とゆびきりをするという、五味氏ならではのミッション型お化け屋敷。59日間で4万人以上が訪れた
2012年に開催された最初のお化け屋敷「ゆびきりの家」。霊となったあやこを成仏させるため、来場者は家に入ってあやこを探し布団の端から出ている指とゆびきりをするという、五味氏ならではのミッション型お化け屋敷。59日間で4万人以上が訪れた
15年にはジャカルタ公演も実現。現地では日本のホラーも人気のため、熱狂的に迎えられたという
15年にはジャカルタ公演も実現。現地では日本のホラーも人気のため、熱狂的に迎えられたという