デジタル戦略のコンサルや広告のSEO対策・実施を手掛けるプリンシプル(東京・千代田)は、2011年の創業から5期連続で増収増益を達成、18年9月期も増収増益を果たし好調だ。楠山健一郎社長は、経営ツールとしてロボットを活用している。社長自らロボット活用している理由を聞いた。

 プリンシプルは毎日、朝会を開く。楠山氏がロボットで朝会に参加するというので、その様子を見学させてもらった。大きなガラス窓から入る明るいオフィス内を、支柱型のロボットがうろうろしている。“頭”の部分はiPadがはめ込まれており、楠山氏の顔が映っている。ロボットの足に当たる部分はローラー型の可動部になっており、この“足”で自在に動き回る。任意の場所に移動しているので、あたかもそこに楠山氏がいるように感じられる。

朝会にロボットで参加する楠山氏(中央、スクリーン前に立つ男性の右側)。小型の可動式掲示板のような形だ。プリンシプルは15分程度の朝会を毎朝開催し、クレド(理念を短くまとめたもの)を唱和。グループごとに最近興味を引かれたことや気づいたことを話し、その後、全員の前で数人がプレゼンする

 楠山氏は業務を海外へ拡大するため、普段は米シリコンバレーのオフィスに勤務している(今回は取材のため、来日時にロボット活用を再現してもらった)。ロボットに“乗り移った”楠山氏は、朝会だけではなく、複数人のミーティングや、社内で開くランチ会、夜の軽食会などに参加する。社内を“歩き回る”ことによって、気軽に社員に話しかける。ロボットはそうしたコミュニケーションに大きく役立っているという。

打ち合わせしていたメンバーに話しかける(左、植物の前)

経営ツールとして使う

 楠山氏は、ロボットの活用を「マネジメントツール」とみている。直接社員に声をかけたり、社員の課題解決に手を貸したり、社長という自分の前で社員が発言しやすくしたりすることが「社員、ひいては会社のパフォーマンスに大きく連動する」。それが結果的にはプリンシプルの競争力アップに役立つと考えている。単なる思い付きやおもちゃとしてロボットを使っているわけではないのだ。

 指示なら、メールやチャットツールで済ませることは可能だ。画像を映すならウェブカムやテレビ電話でも打ち合わせできるし、用件は済ませられる。だが実際は、そうしたツールの利用シーンは会議室などの決まった場所に固定されてしまい、設定されたメンバーと同じ背景しか目に入らず、必要最低限のやり取りになりがち。終了すればその瞬間に画面は消され、コミュニケーションは終わる。

 その点、ロボットにはそうしたツール以上のメリットがある。楠山氏は「社内でうろうろするのは、無駄なように見える。だが社員に近寄り、声をかけ、会話できる。そこからアイデアが交換できればビジネスチャンスにつながるかもしれない。楽しそうといった感情も見える。得る情報が格段に多くなる」と話す。

「おてらおやつクラブ」がグッドデザイン大賞 背景に貧困問題
11月のランキング上位記事を週末に一気読み!