ソフトウエアプログラマーとしてWindows95を世に出し、起業家、文筆家としても活躍する中島聡氏が2018年11月20日、AI(人工知能)の今後を語るトークイベントに登壇した。コンサルタントの松本徹三氏と対談形式で行われたもので、AIが成熟した時代の「人間の選択」がテーマ。若年層に行動してもらいたいという思いから中島氏が開催しているイベントで、今回が3回目。

 松本氏はクアルコムやソフトバンクモバイルなどのIT企業の経営に携わり、現在はコンサルティングを手掛ける。

 対談は、人間にとって政治的に理想のAIがどういうものか、AIがどのような進化をたどるのか、AIが世界を“統治”するなら、だれがそれを主導するのか──など多岐にわたった。松本氏は「(AIの開発は)時間との戦いだ。技術系の人は倫理や哲学を、文系の人は法制度などを考え、みなで取り組んでほしい」と話した。

 この対談は、中島氏が8月に設立した一般社団法人「シンギュラリティ・ソサエティ」が主催した。

著名技術者、AI時代へ危機感募らす 「変わった人増やしたい」(画像)
中島 聡(なかじま・さとし)氏
エンジニア、起業家
1985年早稲田大学大学院理工学研究科修了後、NTTの研究所を経てマイクロソフトに入社。2000年に退社してソフトウエア会社UIEvolution(現Xevo)を設立、CEOに就任。1990年代半ば、Windows3.1の後継OSのプロジェクトに参加し、今では当たり前になった、マウスの右ボタンのコンセプトを生み出した。ブログやメルマガを発行する文筆家としても活動する。著書に『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』などがある。最新刊は『結局、人生はアウトプットで決まる』

今すべきは「行動を起こすこと」

 8月下旬に開催された初回は、中島氏と、「i-modeを世の中に送り出した人物」として知られる夏野剛氏が対談した。夏野氏は慶應義塾大学政策・メディア研究科特別招聘教授。中島氏と共に、同団体が運営するオンラインサロンでメンターを務める。

 「自動運転車と街」「自動化と社会保障、教育」などを議論するなか、中島氏は「バス2.0」(乗り合いバスサービス)を提案した。例えば自治体が高齢者に(ボタンが1つだけの)Amazon Dash Buttonのようなデバイスを配り、病院へ行きたい高齢者がそれを一押しすると、人間が運転するバスがピックアップに来るというイメージだ。

 2回目は10月、中島氏と若手の経済学者である井上智洋氏が、社会保障の1テーマであるベーシックインカム(所得にかかわらず一定の現金を支給すること)について議論した。賛否両論が多い政策だが、中島氏はベーシックインカムの導入で井上氏と意見が同じだった。低コストの経済政策のうえ、お金が回れば活力が生まれるからだ。

 3回の対談に共通するのは、中島氏の「このままでは日本は“ゆでガエル”になる」という危機感だ。そして今すべきは「行動を起こすこと」。若い世代に自らが考え、シンギュラリティの未来を明るいものにしてほしいという期待をかける。自らを「NTTという(安定した)企業に入ったがすぐやめて、魅力的に映ったマイクロソフトに入社した、変わった人間。(NPOで)変わった人間を増やしたい」と話した。

 第4弾は11月26日、著名エンジニアの増井雄一郎氏とエンジニアの未来に関して対談する。対談は今後も月1回程度、開催していく予定だ。