ビジネスSNS「Wantedly」などを運営するウォンテッドリーは、日本郵便と提携し、名刺管理アプリ「Wantedly People」で読み込んだ名刺のデータに基づき、紙の年賀状を相手に郵送することができるサービスを提供する。2018年11月1日から19年1月11日14時まで、19年年賀状の郵送に利用できる。

 Wantedly Peopleのユーザーは、アプリを起動し、年賀状作成アイコンをタップ。表示された18のデザインから好みのデザインを選んだ後、読み込んだ名刺データの中から年賀状の受取人を指定し、最後に年賀状に表記されるユーザー(年賀状の送り手)の住所を選ぶだけだ。すると指定した相手に住所確認メールが自動で送信され、相手が住所確認をした場合、その時期が来たら年賀状が郵送されるという仕組みだ。

アプリ上で必要事項をタップしていくと紙の年賀状を相手に送れる

 ネットから紙の年賀状を発送手配できる類似のサービスは他にもあるが、今回のウォンテッドリーのサービスのミソは、先着5万枚までとサービス全体の枚数制限はあるものの、Wantedly Peopleユーザーならば誰でも無料で、何枚でも紙の年賀状を郵送できることにある。

 類似のサービスのほとんどは有料なのに今回、ウォンテッドリーが費用を全額負担してまで無料でサービスを提供するのには理由がある。紙の年賀状をトリガーにして、Wantedly Peopleの新規ユーザーを獲得しようというのだ。