西友、ドミノ・ピザ ジャパン(以下、ドミノ)でCMO(マーケティング最高責任者)を務めた富永朋信氏が2018年9月、イトーヨーカ堂に入社。その決断の背景とGMS(総合スーパー)の可能性について聞いた。

 西友、ドミノ・ピザ ジャパンでCMO(マーケティング最高責任者)を務めた富永朋信氏が2018年9月、イトーヨーカ堂(以下、ヨーカ堂)に入社した。西友で「KY(カカクヤスク)」「バスプラ」「サゲリク」、ドミノで「トナカイのデリバリー」など意表を突くキャンペーンを連発した敏腕マーケターはなぜ新たなフィールドとしてヨーカ堂を選んだのか。

日本コダック(現コダック)、日本コカ・コーラ、西友、ドミノ・ピザ ジャパンなどでマーケティング関連の職務を歴任。日本コカ・コーラではiモードでコカ・コーラが買える自販機システム「Cmode」の立ち上げを担当。それ以来、「購買=ブランド選択+チャネル選択」という式の解を模索し続ける。西友では企業イメージを一変させるキャンペーンを連発。ブランドの構造はカテゴリーによって違うことに気付き、全カテゴリーのブランド構築に対応できる方法の開拓に頭を悩ませる。座右の銘として今のお気に入りは「過ぎたハンサム休むに似たり」「渾身のアイデアは全てを解決する」
日本コダック(現コダック)、日本コカ・コーラ、西友、ドミノ・ピザ ジャパンなどでマーケティング関連の職務を歴任。日本コカ・コーラではiモードでコカ・コーラが買える自販機システム「Cmode」の立ち上げを担当。それ以来、「購買=ブランド選択+チャネル選択」という式の解を模索し続ける。西友では企業イメージを一変させるキャンペーンを連発。ブランドの構造はカテゴリーによって違うことに気付き、全カテゴリーのブランド構築に対応できる方法の開拓に頭を悩ませる。座右の銘として今のお気に入りは「過ぎたハンサム休むに似たり」「渾身のアイデアは全てを解決する」