クックパッドの生鮮食品EC「クックパッドマート」が2018年9月20日から東京都目黒区の一部エリアでスタート。特徴的なのは自宅に届くのではなく、指定の場所に注文者自ら受け取りに行くという点だ。その狙いとは?

アマゾンにどう対抗? 生鮮ECに再挑戦したクックパッドの秘策(画像)

 料理レシピ投稿・検索サービス事業を展開するクックパッドが生鮮食品のEC事業に乗り出した。2018年9月20日から目黒区の一部エリアでスタートした新サービス「クックパッドマート」がそれだ。

 専用アプリで前日18時までに食材を注文すると、契約した精肉店や鮮魚店などが食材を準備し、翌日夕方に配送される(当面は受け取りが火・木曜のみの予定)。注文した翌日に商品が届くのは他の生鮮ECとあまり変わらないが、特徴的なのは自宅に届くのではなく、指定の場所に注文者自ら受け取りに行くという点だ。

「クックパッドマート」はiPhoneの専用アプリからのみ注文可能。決済時にクレジットカードの情報が必要
「クックパッドマート」はiPhoneの専用アプリからのみ注文可能。決済時にクレジットカードの情報が必要
客単価が1.5倍に! 「スマホ注文」はラーメン店でも効果あり
トヨタ、MaaS時代への仲間づくり戦略「いつも孫さんが先手」