自民党総裁選は先ほど開票が行われ、各種メディアの事前観測通り安倍晋三首相が石破茂元幹事長を破って3選を果たした。だが99%の国民は今回、投票権がない。Twitterでは、安倍対石破、どちらが優勢だったのか? 見えてきたのは壮絶なディスり合い。インターネット選挙の成熟には時間がかかりそうだ。

壮絶なディスり合い、安倍vs石破ツイート対決は石破の辛勝(画像)

 自民党総裁選は、同党国会議員の議員票405票と、全国100万人超の党員・党友の得票を405票に割り振った計810票で、過半数を得た候補者が当選となる。つまり国政選挙において1億人を超える18歳以上の有権者のうち、99%は投票権を持たない部外者であるのが今回の総裁選だ。

 そんな部外者の声があふれるTwitterでは、安倍対石破、どちらが優勢だったのか?

ツイート数は安倍氏が優勢だったが……(※Yahoo!のリアルタイム検索は、Facebookの公開モード投稿も検索の対象になる)
ツイート数は安倍氏が優勢だったが……(※Yahoo!のリアルタイム検索は、Facebookの公開モード投稿も検索の対象になる)

 Yahoo! JAPANのリアルタイム検索で、「安倍 総裁選」と「石破 総裁選」の過去1カ月のツイート数推移を比較したのが上のグラフだ。安倍首相が8月26日に立候補を正式に表明して以降、水色の「安倍 総裁選」ツイートが、オレンジ色の「石破 総裁選」ツイートをほぼ全日上回った。

ファストリ柳井会長が語る AI時代「人がすべき3つの仕事」
壮絶なディスり合い、安倍vs石破ツイート対決は石破の辛勝