先日開催された欧州最大の家電見本市「IFA2018」に、蔦屋家電エンタープライズで家電製品の調達を担う若きバイヤー、木崎大佑氏が参加。IoT家電の最新動向から、本格化し始めた働くロボット、スタートアップ各社による斬新なガジェットまで、IFAで見えてきた家電トレンドをバイヤー目線でレポートする。

欧州最大の家電見本市「IFA2018」の会場

 ドイツのベルリンで2018年8月31日~9月5日に開催された欧州最大の家電見本市「IFA2018」。これから訪れるクリスマス商戦を前に、世界中の有力メーカーが新製品を携えて参加する他、スタートアップ各社によるマニアックなガジェットも出そろい、最新の家電トレンドを把握できる展示会として知られている。

 この注目の展示会に毎年参加し、海外のデザイナーズ家電やキラリと光る先端製品をいち早く見いだして日本で紹介してきたのが、「二子玉川 蔦屋家電」の立ち上げに携わり、現在は蔦屋家電エンタープライズで家電製品の調達を担う木崎大佑氏だ。日経クロストレンドのアドバイザリーボードの一員でもある木崎氏が、IFA2018を訪れてバイヤー目線で見つけた「ヒットの芽」をリポートする。