楽天やリクルートが撤退した一方、ソフトバンクが2018年10月下旬から本格展開を予定するなど、まだ競争が激化する気配の駐車場シェアリング。そんななか、最大手のakippa(アキッパ)はどう動くのか。75万人に上る会員数を生かした個人間カーシェアの展開から、マルチモーダルのプラットフォーム構想まで、金谷元気社長が語った。

駐車場シェアリング最大手のakippaは、アプリ上で空き駐車場の貸し借りができる

 個人や法人の空き駐車場を、クルマを止めたいドライバーに貸し出せる駐車場シェアリングサービス。最大手のベンチャー、akippa(大阪市)は14年にサービスを始め、現在の累計拠点数は2万カ所を確保している。

 このジャンルには、16年に時間貸し駐車場のタイムズ24(サービス名はB-Times)や、三井のリパークを展開する三井不動産リアルティ(同toppi!)などの大手企業が参戦。18年10月下旬からは、ソフトバンクも「BLUU Smart Parking」として本格展開を始める。一方で、17年に参入した楽天(楽天パーキング)や、リクルート(SUUMOドライブ)は、いずれも18年5月、6月に撤退を決めた。事業の両輪となる空き駐車場と利用者(ドライバー)を確保するのは、一筋縄ではいかない難しさがある。

 そんな戦国時代に突入した駐車場シェアで先行するakippaは、18年5月に住友商事や日本郵政キャピタル、JR東日本スタートアップ、ニッポンレンタカーサービスなど7社から総額で8億1000万円の資金を調達。累計調達額は24億円に達しており、今後は既存の駐車場シェア事業の拡大とともに、あらゆるモビリティが一つのサービスとして連携し、人々の移動を自由で効率的なものにする「MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)」に向けた取り組みを進めるという。

akippaの金谷元気社長