政府が2018年6月に発表した新しい成長戦略の基本方針を示す「未来投資戦略2018」で、今後の重点分野としてモビリティ革命「MaaS(Mobility as a Service)」が初めて取り上げられるなど、MaaSがもたらす交通の近未来への関心は否応なしに高まっている。そんななか、かつて「自動車大国」と呼ばれた米国のシアトルでは、10年足らずでマイカー通勤が1割も減少するという劇的な変化が、すでに起きていた。都市・交通のシンクタンクである計量計画研究所の理事 兼 研究本部企画戦略部長である牧村和彦氏の現地視察レポートをお届けする。

併せて、日経クロストレンドの特集「クルマや鉄道・交通業界に地殻変動 モビリティ革命『MaaS』の真相」も参考にしてほしい。

米シアトルのビル群。同地のモビリティ革命は、すでに夜が明けていた
米シアトルのビル群。同地のモビリティ革命は、すでに夜が明けていた

 あらゆる交通サービスを統合し、移動の自由度を上げると同時に最適化を目指す「MaaS(Mobility as a Service)」というムーブメント。メディアでは、しきりに「100年に1度のモビリティ革命」というフレーズが繰り返されるが、実際のところ自分の生活にどんな変化が起こるのか、ピンと来ていない人が多いのではないだろうか?

 日本の地方都市では、昔ながらの路面電車がクルマの渋滞に巻き込まれながらノロノロと走り、間隔が詰まった路線バスが“ダンゴ運転”し、路上駐車したクルマが相変わらず中心市街地を埋め尽くしている。また、公共交通機関に乗り継げば乗り継ぐほど運賃は割高になり、停留所ではいつバスが来るのかも分からない。多くの市民が中心部にマイカーで乗り入れているため、駅前には空車のタクシーがいつ来るとも分からない客を待って、あふれている。この30年、ほとんどこの光景は変わっていない。

 一方で、かつて“自動車大国”と呼ばれた米国では、すでにモビリティ革命が始まり、多くの都市で街の姿自体が大きく変貌している。なかでもマイクロソフトやボーイング、アマゾンの本社があるワシントン州の最大都市・シアトルは、鉄道やバス、タクシーといった多様なモビリティが共生し、交通における“動脈と静脈”の役割を補完しながら成長し続けている都市である。日本のモビリティと都市との在り方を考えていくうえで、今、最もホットな都市の一つと筆者は考えている。現地シアトルでの体験レポートをお届けするとともに、そこから日本が何を学ぶべきか、考察してみたい。

MaaSアプリの「TripGo」(世界約200都市以上をカバー)でルート検索をすると、シアトルではさまざまなモビリティが利用可能であることが一目で分かる
MaaSアプリの「TripGo」(世界約200都市以上をカバー)でルート検索をすると、シアトルではさまざまなモビリティが利用可能であることが一目で分かる