6月18日、「日経クロストレンド」創刊記念イベント「日経クロストレンド FORUM 2018」にて、「Amazon Goの衝撃~その先にある新たな買い物の世界~」と題し、オイシックスドット大地 執行役員の奥谷孝司氏、ABEJA マーケティングディレクター 小島英揮氏、リノシス代表取締役 神谷勇樹氏の3人によるパネルディスカッションが行われた。議論を通じて「ビジネスの根幹が変わる可能性があることが衝撃の本質だ」と指摘された。

モデレーターを担当した日経クロストレンド副編集長の山下奉仁、パネリストのオイシックスドット大地 執行役員の奥谷孝司氏、ABEJA マーケティングディレクター 小島英揮氏、リノシス代表取締役 神谷勇樹氏(左から)

 Amazon Goとは、米シアトルのアマゾン本社にある、レジがないコンビニだ。スマートフォンの専用アプリにアマゾンの会員IDを登録し、入り口でQRコードをかざして店舗に入る。ディープラーニングを活用した画像認識技術などを使って客が何を買ったのかを判断する。天井には約5000台ともいわれるカメラとセンサーが設置されているが、買い物をしていてその存在が気になることはない。特徴的なのは入り口がかなり広く取られている特殊なレイアウトだ。また、ゲートを入ってすぐに弁当、飲料が置かれているのも日本とは真逆の発想である(参考記事「Amazon Go“驚異的買い物体験”の秘密 ランチ調達10秒」)。