日経クロストレンドは創刊記念イベント「日経クロストレンド FORUM 2018」の初日となる2018年6月18日に、オムロン イノベーション推進本部SDTM推進室長の竹林一氏と、AI企業の米パロアルトインサイトCEOである石角友愛氏による対談「AI・IoTを新規事業の創造にどう生かすか」を実施した。竹林氏は、イノベーションの実現には「起承転結」の人材が必要だと説いた。

オムロンイノベーション推進本部SDTM推進室長の竹林一氏と、AI企業の米パロアルトインサイトCEOである石角友愛氏による対談「AI・IoTを新規事業の創造にどう生かすか」
オムロンイノベーション推進本部SDTM推進室長の竹林一氏と、AI企業の米パロアルトインサイトCEOである石角友愛氏による対談「AI・IoTを新規事業の創造にどう生かすか」

 AI(人工知能)やIoTを使って新規事業を立ち上げようと奮闘する企業は少なくない。だが、既存の人材や事業から新規事業を生むことは、簡単なことではない。

 「新しい価値をデザインする“人”を生まなくてはならない」。老舗の大企業ながら、AIやIoTを使った事業を積極的に進めているオムロンの竹林氏はこう語る。竹林氏はNTTドコモとオムロンでドコモ・ヘルスケア(東京・渋谷)を設立し、社長も務めた。パロアルトインサイトの石角氏は米グーグル出身。AIを使った事業デザインの手法や、新規事業の肝を解説した。

「顧客の困りごと、最新技術で解決する」

アリババグループのビッグデータで切り拓く日本企業の未来
ハウステンボスが無人島に恐竜 「未来消費カレンダー」新着情報