「日経クロストレンド」創刊記念イベント「日経クロストレンド FORUM 2018」が2018年6月18日に開幕した。基調講演では「ディープラーニングの先にあるもの――ビジネス課題を解決できるのか、その疑問に答える」と題し、人工知能(AI)研究の第一人者として知られる東京大学大学院工学系研究科特任准教授の松尾豊氏が登壇。ディープラーニングの現状と、ビジネスへの応用や、日本企業の可能性について語った。なお、日経クロストレンドFORUMは、6月19日がイノベーション、20日がブランディングをテーマに開催する。

「日経クロストレンド FORUM 2018」は6月18~20日に、赤坂インターシティコンファレンスで開催
「日経クロストレンド FORUM 2018」は6月18~20日に、赤坂インターシティコンファレンスで開催

3歳児にできることがようやく…

 「3歳児にできることが、ようやくコンピューターにできるようになった。それによって世の中や産業社会がどうかわるのか考えればいい」――ディープラーニングとビジネスの関係について、松尾氏はこう解説する。

 医療診断や数学の定理の証明など難しそうなことは、実はコンピューターにとって簡単で、むしろ「積み木を積む」「猫を見て猫と判断する」など、幼児でもできることが難しいとされてきた。これは「モラベックのパラドックス」と呼ばれる。

 ディープラーニングでそれが変わりつつある。猫の画像を高精度に識別したり、さまざまな形のパーツを認識し、ロボットアームで上手に握って分類するといったことが、ディープラーニングにより可能になってきたのだ。

ソニーが銀座に“公園”を開園 「未来消費カレンダー」新着情報
アリババグループのビッグデータで切り拓く日本企業の未来