グーグルは音声AI(人工知能)アシスタント「Google アシスタント」の利用拡大へ親子向けサービスを拡充した。2018年6月5日、同社はサンリオのキャラクターと会話を楽しめる「ハローキティトーク」「シナモロールトーク」など合計10の子供向けのアプリの提供開始を発表した。
Google アシスタント利用者が1年で5倍 「キティ」で親子向け拡充(画像)

 「2017年5月にスマートフォン向けにGoogleアシスタントの提供を開始して約1年。Android 6.0への対応を実施した同年6月末時点から、現時点までにGoogleアシスタントを国内で使っている人は約5倍に増えた」。グーグルが18年6月5日に開催したGoogle アシスタント新機能記者説明会で、同社の製品開発本部長の徳生裕人氏はこう話した。

 「日々使ってくださるユーザーが今も順調に増えていて、喜ばしく思う」と徳生氏は笑みを浮かべる。音声認識の評価が高いことに加えて、ユーザーの利用ケースに応える機能を追加し続けていることも利用増加を後押ししている。直近の数カ月でも、音楽を一定時間だけかける「スリープタイマー」、旅行計画を立てるときなどに「8月のパリの天気は」といった情報を確認できる機能、スマートスピーカーの「Google Home」からBluetoothスピーカーに音を飛ばして再生できるようにする機能などを追加している。

商業施設展示会「MAPIC」 デベロッパーは非小売テナント優遇へ?
アリババに、真にイノベーティブな企業の戦略を学ぶ