イノベーションを起こす人のデジタル戦略メディアとして4月に誕生した「日経クロストレンド」――。創刊記念イベントとして6月18~20日に「日経クロストレンド FORUM 2018」を開催します。本記事では「Innovation」がテーマの2日目、6月19日の講演を紹介します。キーノートスピーチには、アリババ日本法人で代表執行役員副社長を務める田中豊人氏が登壇(午前10:00~10:40)。午後には「マーケター・オブ・ザ・イヤー2018」の表彰式並びに受賞者による講演なども予定しています。真にイノベーティブな企業の戦略とは何か、イノベーティブなマーケティングとは何か、来場者が抱く数々の疑問に答えるプログラムになっています。

アリババグループの成長戦略とは?

アリババ代表執行役員副社長でアント フィナンシャル ジャパン代表執行役員COOの田中豊人氏
アリババ代表執行役員副社長でアント フィナンシャル ジャパン代表執行役員COOの田中豊人氏

 キーノートスピーチには、アリババ日本法人の代表執行役員副社長であり、中国最大のスマートフォン向け決済アプリで一躍有名になった「アリペイ(支付宝)」を運営するアント・フィナンシャルサービスグループの日本法人、アント フィナンシャル ジャパンでも代表執行役員COOを務める田中豊人氏が登壇。「アリババ・グループがつなぐ、日本と世界の未来 ~データテクノロジーを駆使した新しいビジネスのカタチ~」と題して講演していただきます。

 アリババグループと言えば、中国国内向けのBtoC ECサイト「タオバオ(淘宝)」やBtoC ECサイト「Tモール(天猫)」を運営する中国最大のEC企業として知られています。

 しかし、実はECサイトや決済アプリのアリペイを通して得られた顧客の属性や購買情報といった大量のデータを蓄積・分析することで、ある商品やサービスの潜在的な顧客をあぶり出し、顧客にとって最適なタイミングで、最適な情報を送り、実際の購買につなげている「データカンパニー」でもあるのです。

 17年からは「新小売」の看板を掲げ、オンラインとオフラインをスムーズに融合したスーパーや無人レストランも積極的に出店。リアルの場からもデータを収集し、アリババの顧客一人ひとりについて、分析の精度を上げ続けています。

 そんなアリババグループが目指す新しいビジネスのカタチについて、余すところなく語っていただきます。

Google アシスタント利用者が1年で5倍 「キティ」で親子向け拡充
ココナツオイルの仕掛け人が明かす ブランドづくりに大切なこと