イノベーションを起こす人のデジタル戦略メディアとして4月に誕生した「日経クロストレンド」――。創刊記念イベントとして6月18~20日に「日経クロストレンド FORUM 2018」を開催します。本記事では「AI/IoT」がテーマの6月18日の講演を紹介します。日経クロストレンド開発長兼副編集長で、前職は日経ビッグデータの編集長を務めた杉本昭彦が、1日受講すれば、マーケティング&イノベーションにおけるAI/IoT活用を網羅的に理解できるよう、プログラムを構成しました。

東大・松尾先生にディープラーニングを学ぶ

 まずキーノートは、国内のAI(人工知能)研究の第一人者の1人である東京大学大学院 工学系研究科 特任准教授の松尾豊氏に「ディープラーニングの先にあるもの ――ビジネス課題を解決できるのか、その疑問に答える」と題して講演していただきます。

 AIの最新動向、特にディープラーニングを取り巻く状況についてお話しいただきます。講演の終盤には、日経クロストレンドアドバイザリーボードのコメンテーターの1人であり、宇多田ヒカルなどの宣伝プロデュースを担当するソニー・ミュージックレーベルズ EPICレコードジャパン部長の梶望氏に、ご自身のビジネス課題におけるディープラーニング活用の可能性について、松尾先生と議論をしていただきます。

東京大学大学院 工学系研究科 特任准教授の松尾豊氏(左)とソニー・ミュージックレーベルズ EPICレコードジャパン部長の梶望氏
東京大学大学院 工学系研究科 特任准教授の松尾豊氏(左)とソニー・ミュージックレーベルズ EPICレコードジャパン部長の梶望氏

【詳細情報】「ディープラーニングの先にあるもの ――ビジネス課題を解決できるのか、その疑問に答える」

オムロン、資生堂が製造業のIoT活用

 午後はAI、IoTの専門講演をそろえました。

 製造業でのIoT活用を学びたい方にお薦めなのが、「AI・IoTを新規事業の創造にどう生かすか」。オムロンにて鉄道、流通、ヘルスケア、データ流通市場等で新規事業を立ち上げ、ドコモ・ヘルスケア社長も経験した竹林一氏(イノベーション推進本部SDTM推進室長)と、米シリコンバレーを拠点に日本企業のAI活用を支援する、パロアルトインサイト CEOの石角友愛氏が議論します。

パロアルトインサイト CEOの石角友愛氏(左)とオムロン イノベーション推進本部SDTM推進室長の竹林一氏
パロアルトインサイト CEOの石角友愛氏(左)とオムロン イノベーション推進本部SDTM推進室長の竹林一氏

【詳細情報】「AI・IoTを新規事業の創造にどう生かすか」

 資生堂が2018年3月からベータ版の展開を開始した「オプチューン」は、IoTをベースにパーソナライズされたスキンケアを実現するとして注目を浴びています。「IoTをベースとしたパーソナライズソリューション~新しいスキンケアサービス“オプチューン”の開発~」の講演は、資生堂 ブランドマネジメント部新規接点開発室デジタルフューチャーグループの川崎道文氏が、そのサービス概要と開発背景について紹介します。

【詳細情報】「IoTをベースとしたパーソナライズソリューション~新しいスキンケアサービス“オプチューン”の開発~」