※日経トレンディ 2018年11月号の記事を再構成

今では日本のアルコール消費量のうち、僅か6%程度しか飲まれていない日本酒。その人気復活に挑む企業・未来酒店が運営するのが、「未来日本酒店 KICHIJOJI」だ。

“AIソムリエ”が好みの日本酒を判定する「おしゃれ角打ち」(画像)

 蔵元から直接仕入れた、約30都府県の日本酒150銘柄以上を販売。カウンターを併設し、居酒屋としても使える。店内はコンクリート打ちっぱなしでデザイナーズ物件さながらの雰囲気。「角打ち=オヤジ」のイメージを払拭し、若者や女性も気軽に立ち寄れる。

「難解な日本酒」のハードルを下げる仕掛け
“AIソムリエ”が好みの日本酒を判定する「おしゃれ角打ち」(画像)
 日本酒販売店だが、居酒屋としても使える。同社と博報堂アイ・スタジオが共同開発したアプリを活用して、好みの日本酒を判定するサービス(上右写真)も人気。日本酒の知識ゼロでも、好みに近い銘柄を買える。

 彼らを呼び込むさらなる仕掛けが、“AI(人工知能)ソムリエ”。AIを活用したアプリ「Yummy sake」で、その人が好きな日本酒の味を判定するサービスだ。12種類を試飲して、アプリで5段階評価と印象を入力していくだけ。アプリの開発段階から携わった、未来酒店代表取締役CEOの山本祐也氏は、「より直感的な形で、日本酒の魅力を伝えられるようにした」と言う。この結果を参考にすれば、いつでも自分好みの味が注文できる。普段から日本酒を飲んでもらうきっかけづくりにも一役買っているのだ。

現場の視点
未来酒店の山本祐也CEO
未来酒店の山本祐也CEO
あえて“需要のない街”に出店
AIを武器に、新規層を開拓したい

 日本酒の需要拡大には、新たなファンの開拓が不可欠。あえて日本酒のイメージが少ない吉祥寺や代官山に出店し、「Yummy sake」を活用して日本酒を飲むきっかけを提供しつつ、その魅力を伝えたい。今年中にYummy sakeオンリーのコンセプトショップ展開も目指す。