中国・米国

  • インサイド
    2019.01.24
    P&GがCESに初出展したワケ
    デジタル技術の総合展示会「CES」において、2019年は大きな節目となった。日用消費財メーカー業界の巨人、米プロクター&ギャンブル(P&G)が初出展したからだ。電通…続き
  • Watcher 中国テックジャイアント
    2019.01.23
    テンセント、化学品取引企業と提携 10万社超のデジタル化加速
    中国ネットサービスのテンセント(騰訊控股)の傘下企業で法人向け顧客サービスアプリケーションを提供する「騰訊企点(テンセントチーディエン)」と化学品のBtoB(企業間…続き
  • ウーバー・リフト、ライドシェアの光と影
    2019.01.22
    自動運転車の最適配置を今から準備、非常時の支援も急務
    前回は乗客とドライバーのアプリの改善について紹介した。今回は自動運転の実現に欠かせない、クルマの最適配置によるサービス改善について紹介したい。また、事故など非常事態…続き
  • 消費と技術で斬る “爆速“中国の今
    2019.01.22
    中国人経営者の余暇は? DIYなど時間のかかる趣味志向が強まる
    世界5大エグゼクティブ・サーチ会社の1つ、ハイドリック・アンド・ストラグルズの日本法人パートナーである渡辺紀子氏は、東京大学時代に中国文学を専攻していたこともあり、…続き
  • 中国デジタル革命の深層
    2019.01.21
    米アマゾン「Alexa」に挑む 中国バイドゥの会話AI「DuerOS」
    バイドゥは、AI(人工知能)技術のオープン化戦略を進めている。目玉サービスとして注目を集めているのが、自動運転向けの「Apollo(アプロ)」と会話式AI「Duer…続き
  • 米中AI活用最前線
    2019.01.18
    経営にAI担当、米スタートアップやテック大手は当たり前に
    米国ではビジネスモデルを実現するため、人工知能(AI)やビッグデータを当然のように利用している。的確かつ迅速な判断のため、AI担当者を経営の近くに置くケースもある。…続き
  • Watcher 中国テックジャイアント
    2019.01.18
    アリババのECプラットフォーム、アフリカの初拠点をルワンダに
    中国EC最大手のアリババ集団は世界貿易を促進するECサイト「eWTP(世界電子商取引プラットフォーム)」においてルワンダを新たな拠点として加えた。アフリカでは初とな…続き
  • 米中AI活用最前線
    2019.01.18
    「日本流の人事評価がAI導入を阻害」AIベンチャー社長の危機感
    米国や中国では、AI(人工知能)を使ったソリューションを積極的に採用して成果を上げる企業が多いが、日本では少なく、それどころか導入さえしない企業が珍しくない。日本の…続き
  • 米中AI活用最前線
    2019.01.17
    米国でクルマ向けAIの普及進む19年 賃貸マンションにもAI搭載
    米国では身近な人工知能(AI)としてAIボイスアシスタントが生活に浸透しつつある。米アマゾン・ドット・コムと米グーグルの2強が市場を確立するため、膨大な資金と人的リ…続き
  • NRF2019
    2019.01.17
    AIやIoTでリアルを高度化、「NRF2019」に見る次世代の姿
    全米小売業協会(NRF)による総合展示会「NRF2019 RETAIL’S BIG SHOW」が米ニューヨークで2019年1月13日開幕した。約1万6000人の小売…続き
  • 米中AI活用最前線
    2019.01.16
    農業の生産性40倍向上、AI自動運転 中国ユニコーンが狙う日本
    AI(人工知能)の研究開発もビジネス活用も日本より一歩進んでいる米国と中国。そのAI先進国の実力を紹介する特集の第2回。商用ドローンで世界シェア7割を誇るDJIやデ…続き
  • Watcher 中国テックジャイアント
    2019.01.16
    テンセントのミニプログラム、開始後2年で開発者150万人
    中国ネットサービスのテンセント(騰訊控股)のメッセージングアプリ「微信(ウィーチャット)」内で利用できるアプリ「小程序(ミニプログラム)」の開発者は150万人を上回…続き
  • 米中AI活用最前線
    2019.01.15
    AI×専門医で診断ミス0.1% 中国AIスタートアップの実力
    AI(人工知能)の研究開発もビジネス活用も日本より一歩進んでいる米国と中国、そのAI先進国の実力をリポートする特集の第1回。300を超える中国の医療機関では既に、A…続き
  • ウーバー・リフト、ライドシェアの光と影
    2019.01.15
    ドライバーの効率や利用体験を阻害するアプリや開発思想
    前回はライドシェアビジネスで顧客にサービスを提供するドライバーの待遇と改善の必要性について説明した。今回はサービスを提供したり利用したりするうえで欠かせない、スマホ…続き
  • Watcher 中国テックジャイアント
    2019.01.11
    バイドゥ、2019年に注力する3つの計画
    中国インターネット検索最大手の百度(バイドゥ)は、2019年に注力する3つの計画を明らかにした。運転者なしで走行が可能な自動運転(レベル4)の自家用車を量産する計画…続き
  • 旬な人
    2019.01.10
    AIを軸に3つの事業を展開 シンガポールで起業し、世界へ翔ぶ
    シンガポールでデジタルマーケティングを手掛けるベンチャーを起業した日本人。インフルエンサー、HRと、事業の柱は3つに増えて2018年に社名を変更。資金調達も達成した…続き
  • 中国デジタル革命の深層
    2019.01.09
    「AIにすべてを賭ける」中国の検索最大手バイドゥ AI戦略の全貌
    バイドゥは、中国におけるAI(人工知能)のリーディングカンパニーとして注目されている。AIの将来性をいち早く見極めたバイドゥは、「オール・イン・エーアイ(All i…続き
  • ウーバー・リフト、ライドシェアの光と影
    2019.01.08
    ドライバーの待遇改善とモチベーションアップが急務
    第6回までライドシェアサービスのビジネスモデルやビッグデータ活用について紹介した。第7回からは3回にわたって、現場のドライバーの視点で問題点やそれらに対する改善の提…続き
  • 中国デジタル革命の深層
    2019.01.07
    都市問題をAIで解決 アリババ「ETシティー・ブレーン」
    アリババのジャック・マー会長は現在をDT(データ・テクノロジー)時代と呼び、データを持つ企業しか生きていけないと言う。DT時代を勝ち抜くためにリリースしたアリババの…続き
  • Watcher 中国テックジャイアント
    2018.12.28
    バイドゥ、自動運転タクシーを初走行 2019年に100台計画
    中国インターネット検索最大手の百度(バイドゥ)は中国湖南省の長沙市人民政府および湖南湘江新区管理委員会と提携し、長沙市で自動運転タクシーを展開する。長沙市は、バイド…続き

中国・米国 特集・連載一覧

NRF2019
米中AI活用最前線
全5回
ウーバー・リフト、ライドシェアの光と影
全10回
消費と技術で斬る “爆速“中国の今
AI都市シアトルの実力
全10回
中国デジタル革命の深層
米国発 追跡アマゾンエフェクト
ミラノデザインウィーク2018
全7回
急変する中国ネット企業を追う
全15回
ミラノサローネ2018レポート
緊急特集Facebook つまずいた巨人
全3回
本日更新
原田曜平の海外ミレニアル世代調査