一番搾り

  • トップ3は「新垣結衣」「石原さとみ」「有村架純」、35~39歳“中流”男性の好みを分析
    2018.05.11
    トップ3は「新垣結衣」「石原さとみ」「有村架純」、35~39歳“中流”男性の好みを分析
    逆に、トップ3の間で最も差が小さかったのは女性タレント。1位が「新垣結衣」で1.7%。2位が「石原さとみ」で1.6%。そして3位が「有村架純」で1.4%という結果に…続き
  • キリンが“1万5000人待ち”の月額制ビールを始めたワケ
    新経営指標「LTV」 ~顧客と一生付き合う3つの方法
    2018.04.12
    キリンが“1万5000人待ち”の月額制ビールを始めたワケ
    キリンビールが展開する月額制のビール配送サービス「キリンホームタップ」が人気を集めている。ビールの製造が追いつかなくなる恐れから、一時的に申し込みの受付を中止するほ…続き
  • ヒットメーカーが選んだ! 私のベスト10
    日経トレンディ(ケーススタディ総覧記事)
    2017.11.04
    ヒットメーカーが選んだ! 私のベスト10
    ヒットの仕掛け人たちは30年をどう振り返るのか。全890商品から独自の切り口で「マイベスト10」を選んだ
  • 【地方発ヒット】広がる出雲発の「リアル人生ゲーム」。「行かないとわからない」で人は動く
    日経トレンディ(ケーススタディ総覧記事)
    2017.11.04
    【地方発ヒット】広がる出雲発の「リアル人生ゲーム」。「行かないとわからない」で人は動く
    どこにいてもモノは手に入る今日、「あの地域に行かないとできないこと」を人々はいかに渇望していたか。それを端的に示すのが「リアル人生ゲーム」の広がりだ。
  • キリンが「一番搾り」のサイトで“接客”する理由
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2017.08.04
    キリンが「一番搾り」のサイトで“接客”する理由
    キリンは8月4日、ビールブランド「一番搾り」のブランドサイトと自社EC(電子商取引)サイト「DRINX(ドリンクス)」でWeb接客ツールを本格的に活用し始めた。まず…続き
  • 「KIRIN Home Tap」が提供する新しいビール体験
    日経デザイン(ケーススタディ総覧記事)
    2017.07.24
    「KIRIN Home Tap」が提供する新しいビール体験
     キリンビールは2017年6月1日から、つくりたての新鮮な生ビールを、ビール工場から家庭へ冷蔵したまま直送する会員制サービス「KIRIN Home Tap(以下ホー…続き
  • 【食品・飲料】上半期のキーワード 本気のおいしさ回帰/次世代ロングセラー ご長寿「ドライ」と「ボス」が新提案で活性化
    日経トレンディ(ケーススタディ総覧記事)
    2017.05.04
    【食品・飲料】上半期のキーワード 本気のおいしさ回帰/次世代ロングセラー ご長寿「ドライ」と「ボス」が新提案で活性化
    「たべるマスク」と大きくうたい、手軽な健康感と意外性で売れた「シールド乳酸菌タブレット」(森永製菓)。満を持して日本コカ・コーラが投入したトクホ「コカ・コーラ プラ…続き
  • 25位 47都道府県の一番搾り “47色”の地域活性ビール
    日経トレンディ(ケーススタディ総覧記事)
    2016.11.04
    25位 47都道府県の一番搾り “47色”の地域活性ビール
    “47色”の地域活性ビール。地元愛を撃ち抜き上方修正
  • 2016年ヒット商品ベスト30
    日経トレンディ(ケーススタディ総覧記事)
    2016.11.04
    2016年ヒット商品ベスト30
    1000万人が遊んだゲーム、ダブルミリオン間近のアニメ映画、消費や商品開発をも変えた写真SNS。エンタメヒットが大豊作だった1年。これらに共通するキーワードが「スマ…続き
  • 上半期&下半期ヒットを総ざらい
    日経トレンディ(ケーススタディ総覧記事)
    2016.06.04
    上半期&下半期ヒットを総ざらい
    この上半期、消費者の節約志向はむしろ強まる傾向だった。しかし、その「デフレマインド」をうまく刺激して、したたかに消費者の財布のひもをこじ開けたヒット商品が多数存在する。
  • キリンビール、フローズン<生>のカワイイ泡が誘引したいいね!消費
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2013.04.24
    キリンビール、フローズン<生>のカワイイ泡が誘引したいいね!消費
    キーワードの4つ目は「共感」。これは想像しやすいだろう。別名「いいね!」消費と言ってもいい。ソーシャルメディア上の友人が「この本は面白かった」と感想をつづっていたた…続き