電通

  • VOYAGEとcciの両社長が語る経営統合 電通と新たな海図を描く
    トップが語るイノベーション
    2018.11.15
    VOYAGEとcciの両社長が語る経営統合 電通と新たな海図を描く
    アドテクノロジー事業のVOYAGE GROUPと電通子会社でメディアレップ事業のサイバー・コミュニケーションズ(cci)は、株式交換によって経営を統合する。2019…続き
  • 「情報銀行」に慎重を期す電通 消費者起点が普及の条件
    「情報銀行」は離陸するか
    2018.10.25
    「情報銀行」に慎重を期す電通 消費者起点が普及の条件
    日本IT団体連盟は2018年12月に情報銀行の認定事業を始める。この認定取得の方針をいち早く固めたのが、電通テック子会社のマイデータ・インテリジェンス(東京・千代田…続き
  • 今の若者は「時間貧乏」 居酒屋飲み、テレビ番組は長すぎる
    電通若者研究部 「若者の“いま”を覗く」
    2018.10.23
    今の若者は「時間貧乏」 居酒屋飲み、テレビ番組は長すぎる
    電通若者研究部(電通ワカモン)が最近の若者の実態から世の中の今後の潮流を探る本連載。今回の記事では、若者の長期休みの過ごし方から、「時間の高密度化」というキーワード…続き
  • アスクル、AIが8万件の商品キャッチコピーを8時間で作成
    失敗しないネーミング
    2018.08.01
    アスクル、AIが8万件の商品キャッチコピーを8時間で作成
    「年収は日経デザイン力で変わる」「日経デザイン選びは、人生選びだ」「いいね!と言われる日経デザイン」――これらは、AI(人工知能)が生成した「日経デザイン」のキャッ…続き
  • マレーシア発、AIファーストのマーケティング(下)
    2018.05.11
    マレーシア発、AIファーストのマーケティング(下)
    Glueck Technologiesの取り組みが特に面白いのは、彼らがマレーシアという多民族・多文化のコンテクストで顔認識データを収集していることにある。多民族・…続き
  • AI店舗案内を導入したイオンモール、視線認識で広告を切り替えるOOHも
    2018.01.24
    AI店舗案内を導入したイオンモール、視線認識で広告を切り替えるOOHも
    多くのテナントを誘致してショッピングセンター(SC)を開発・運営するイオンモール(千葉市)も、AI(人工知能)による自動案内サービスを組み込んだデジタルサイネージを…続き
  • 「東京ミッドタウン日比谷」に事業創造の新拠点
    2018.03.20
    「東京ミッドタウン日比谷」に事業創造の新拠点
    三井不動産は2018年1月30日、東京・有楽町に開発中の大規模複合施設「東京ミッドタウン日比谷」の竣工記者発表会を開催した。正式なオープンは3月29日を予定している…続き
  • AI店舗案内を導入したイオンモール、視線認識で広告を切り替えるOOHも
    進化するデジタルサイネージ
    2018.01.23
    AI店舗案内を導入したイオンモール、視線認識で広告を切り替えるOOHも
    多くのテナントを誘致してショッピングセンター(SC)を開発・運営するイオンモール(千葉市)も、AI(人工知能)による自動案内サービスを組み込んだデジタルサイネージを…続き
  • デザインは課題解決のためのもの すべては目の前の課題から始まる
    日経デザイン(ケーススタディ総覧記事)
    2017.09.24
    デザインは課題解決のためのもの すべては目の前の課題から始まる
     「コミュニケーションをデザインする」という独自の視点で、既存の「広告」の枠を超えるさまざまな仕掛けを実現してきた岸勇希氏。その引き出しは広く、クライアントが必要と…続き
  • 電通、深層学習技術で視聴率を高精度に予測 予測業務の半減を目指す
    日経ビッグデータ(ケーススタディ総覧記事)
    2017.09.08
    電通、深層学習技術で視聴率を高精度に予測 予測業務の半減を目指す
    電通は、深層学習(ディープラーニング)技術を活用したテレビ視聴率予測システム「SHAREST(β版)」を開発。今年12月までに実証実験を終了して、来年から本格運用に…続き
  • インプットよりもアウトプットを重視ひたすら考え続け、アイデアの精度を上げる
    日経デザイン(ケーススタディ総覧記事)
    2017.04.24
    インプットよりもアウトプットを重視ひたすら考え続け、アイデアの精度を上げる
     「プレゼンする企画を考えるとき、まず決めるのはブランドやサービスの行き先。具体的に『こうなったらいいな』という未来像を設定する。企画は時間が許す限り考え続け、最も…続き
  • 銀行が顧客分析や広告運用にAI活用、屋外広告も車種別にターゲティングが可能に
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2017.03.23
    銀行が顧客分析や広告運用にAI活用、屋外広告も車種別にターゲティングが可能に
    AIを顧客分析の精緻化に用いる試みも始まっている。AIを活用して顧客ごとに商品別購入予測確率と最適のチャネルを算出し、それに基づいてマーケティングを進める新生銀行の…続き
  • 残業圧縮で広告不正調査報告が遅れた電通、4月から不正防止のレポートシステムを運用
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2017.01.18
    残業圧縮で広告不正調査報告が遅れた電通、4月から不正防止のレポートシステムを運用
    電通は1月17日、ネット広告の運用業務において昨年、発生した不正の実態と発生の原因究明などの調査結果、および再発防止策を公表した。不正被害にあった企業は96社で作業…続き
  • 広告の自動運用ツールを内製した「HOME'S」
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2016.10.25
    広告の自動運用ツールを内製した「HOME'S」
    電通を舞台に発覚した今回の不正は、すべて電通側に非がある。とはいえ、広告主側に落ち度がなかったとも言い切れない。今回、被害に遭った企業は、そのほとんどがブランディン…続き
  • AbemaTVの生放送をめぐり、ユニリーバにとばっちり
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2016.10.24
    AbemaTVの生放送をめぐり、ユニリーバにとばっちり
    「弊社では、『AbemaTV(東京都渋谷区)』と直接の広告取引はありません。しかしながら動画広告ネットワークからの配信の可能性があり事実関係を確認中です」。電通の不…続き
  • 不正請求、意図せぬサイトに出稿、デジタル広告に問題山積
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2016.10.21
    不正請求、意図せぬサイトに出稿、デジタル広告に問題山積
    電通の不正を皮切りに、ネット広告を巡って事件や事故が相次いでいる。電通の発表の2日前の21日、動画サイト「FRESH! by AbemaTV」に広告ネットワークを通…続き
  • 電通の不正問題を招いた3つのワケ、旧来型の代理店に潜む根深い問題
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2016.09.28
    電通の不正問題を招いた3つのワケ、旧来型の代理店に潜む根深い問題
    「(かつては)解析ツールが貧相なため、データも十分に取れない。広告主側もリテラシーがないため、レポートも細かく見ない。(数字を)ごまかそうと思えば、いくらでもごまか…続き
  • 電通の不正行為で信用失墜の恐れ、業界に怒りの声が広がる
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2016.09.23
    電通の不正行為で信用失墜の恐れ、業界に怒りの声が広がる
    電通は9月23日、電通およびグループ会社の一部が、運用型デジタル広告の運用支援サービスにおいて、故意または人為的なミスなどの不適切業務により、その実績に関して虚偽の…続き
  • 「カテゴリー指定では女性に当たらない」、アイデムの動画広告分析で見えた真実
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2016.09.07
    「カテゴリー指定では女性に当たらない」、アイデムの動画広告分析で見えた真実
    新たな動画メディアや、分散型メディアという新概念の登場で、動画広告市場がいよいよ本格的に拡大し始めている。こうした中、広告主企業側も活用の機運が高まっていることだろ…続き
  • “ゆるすぎる”石田三成PR動画が100万回再生、三成主役の大河ドラマ誘致を目指す滋賀県
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2016.04.01
    “ゆるすぎる”石田三成PR動画が100万回再生、三成主役の大河ドラマ誘致を目指す滋賀県
    日曜の夜、ツイート頻出語を示す「トレンド」ワードにNHK大河ドラマの主人公である「真田(丸)」の名が表示されるが、この3月、真田に負けず劣らず目立ったのが「石田三成…続き