東急百貨店

  • 日経ビッグデータ(ケーススタディ総覧記事)
    2016.02.02
    東急百、買う可能性が高い顧客をツールで特定、化粧品を買わない顧客の購買率が約10倍に
    東急百貨店はデータ分析ツールを活用して同社の顧客を購買行動から特徴別に分類し、購入確率が高い顧客を特定してキャンペーンを試験的に行っている。
  • 日経ビッグデータ(ケーススタディ総覧記事)
    2015.07.30
    「リスクを負っても顧客創造の施策を」 データ活用で儲かる方策を徹底討論
    リピート顧客を対象にした施策だけでは将来縮小が見えており、リスクを負ってでも顧客創造の施策は欠かせない──。7月22日に開催した本誌セミナーでは、ビッグデータ活用で…続き
  • ビッグデータ総覧 マーケティングテクノロジー編 2014
    2014.03.31
    [NTTドコモ]スマホの普及とネットの特性を店舗送客に活用 来店客の商圏や行動を販促施策に役立てる
     NTTドコモは2013年9月1日、ネットの利便性や集客力を実店舗への送客に生かすO2O(オンラインtoオフライン)型サービス「ショッぷらっと」の提供を始めた。専用…続き
  • 日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2013.11.20
    オムニチャネル、アドテク、メール、サイト構築はどう変わる?
    最近、米ニュースサイト「Business Insider」の記事に掲載された1枚のグラフが話題を呼んだ。2009年から2013年6月にかけての世界のコンピュータプラ…続き
  • 日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2011.11.21
    O2Oブームの真贋見極め、22兆円市場をつかむ【後編】
    O2Oマーケティングにおいて、人を動かす要素の3つ目は「ゲーム性」だ。キャンペーンにゲーム性を持たせることも有用だが、ゲーム系SNSの利用が急伸する今はゲームと連動…続き