日立製作所

  • 「脳トレ」川島教授の新脳測定マシン マーケ・商品開発に威力?
    ここまで来た!健康パーソナルデータ
    2018.11.16
    「脳トレ」川島教授の新脳測定マシン マーケ・商品開発に威力?
    ゲーム「脳トレ」でブームを起こした東北大学の川島隆太教授が新境地に踏み出した。東北大学と日立ハイテクノロジーズが立ち上げたNeU(ニュー、東京・千代田)は、脳活動を…続き
  • デザイン思考で営業強化 顧客企業の変革マインドに火を付けろ!
    押し寄せる「デザイン経営」の波
    2018.09.11
    デザイン思考で営業強化 顧客企業の変革マインドに火を付けろ!
    クラウド型CRM(顧客管理)ソリューションを提供するITベンダーのセールスフォース・ドットコムは、デザイナーやクリエイターの発想法であるデザイン思考をベースにした営…続き
  • 日立の掃除機、日本向けと東南アジア向けは何が違う?
    イノベーションはユーザー観察から
    2018.05.23
    日立の掃除機、日本向けと東南アジア向けは何が違う?
    日立製作所は、これまで国内外でユーザー観察を実施してきた。1996年からは、海外向けの商品開発に際し、現地の生活の実態を把握するため、デザイナーを含む商品開発チーム…続き
  • 【30周年特別企画】必見!ヒット商品アーカイブス【1987】
    日経トレンディネット(マーケ・消費)
    2017.10.23
    【30周年特別企画】必見!ヒット商品アーカイブス【1987】
    「日経トレンディ」は、1987年の創刊から30周年を迎えました。特別企画として、創刊時から毎年発表してきた「ヒット商品ベスト30」を7日間連続で振り返ります。
  • 深層学習の「眼」の実証に加えて「耳」も、ホンダはドライバーの意図の理解に取り組む
    日経ビッグデータ(ケーススタディ総覧記事)
    2017.10.20
    深層学習の「眼」の実証に加えて「耳」も、ホンダはドライバーの意図の理解に取り組む
    家電の総合展からIoT総合展に昨年大きく舵を切ったCEATEC。今年も引き続きIoT関連の出展でにぎわったが、深層学習の「眼」を活用した接客やマーケティングに加えて…続き
  • 思うままに動き感情のあるパートナー。AIと愛嬌を武器に、大企業で「勤務中」
    日経トレンディ(ケーススタディ総覧記事)
    2017.05.04
    思うままに動き感情のあるパートナー。AIと愛嬌を武器に、大企業で「勤務中」
    銀行や家電量販店の店頭で、当たり前のようにロボットが働く時代が来ることを、どれだけの人が想像していただろうか。以前にも、アイボやアシモなど衆目を集めたロボットはあっ…続き
  • 2020年 空港の掃除や案内はロボットになる
    日経トレンディネット(技術・データ)
    2016.12.27
    2020年 空港の掃除や案内はロボットになる
    羽田空港を運営・管理する日本空港ビルデングは、「清掃ロボット」「移動支援ロボット」「案内ロボット」を実験導入する。狙いは2020年だ。
  • 日立が深澤直人氏と組んで“心地よい”エレベータを販売へ
    日経デザイン(ケーススタディ総覧記事)
    2015.09.24
    日立が深澤直人氏と組んで“心地よい”エレベータを販売へ
     日立製作所と日立ビルシステムは2015年9月7日、デザイナーの深澤直人氏が監修したエレベータの新コンセプトモデル「HF-1」を発表した。今年7月に同社が打ち出した…続き
  • 倉庫の渋滞解消にAI活用、生産性を最大10%向上させた日立
    日経ビッグデータ(ケーススタディ総覧記事)
    2015.08.06
    倉庫の渋滞解消にAI活用、生産性を最大10%向上させた日立
    たくさんのデータを抱える現場ほど、人工知能(AI)技術の活用で利益を生み出せる。研究者が現場に出向いてビッグデータを解析して、施策を打ち出す動きが活発だ。特集「アル…続き
  • 日立・矢野主管研究長、「従業員が幸せな会社は稼ぐ会社だ」
    日経ビッグデータ(ケーススタディ総覧記事)
    2015.02.27
    日立・矢野主管研究長、「従業員が幸せな会社は稼ぐ会社だ」
    日経ビッグデータは2月20日、富士ソフト アキバプラザ(東京都千代田区)において、本誌読者限定の無料セミナー「ビッグデータが開く近未来 ~2020年への展望~」を開…続き
  • 誤差5cmでトラクターが無人走行、日立造船などがオーストラリアで実験に成功
    日経ビッグデータ(ケーススタディ総覧記事)
    2015.02.13
    誤差5cmでトラクターが無人走行、日立造船などがオーストラリアで実験に成功
    オーストラリアの広い農場、生育した稲の間をヤンマーのトラクターが走って行く。しかし、このトラクターに人の姿は見えない。衛星からのデータを利用した自律走行型ロボットな…続き
  • 展示会来場者を赤外線センサーで計測、人の動きの不思議な“法則”を見いだす
    日経ビッグデータ(ケーススタディ総覧記事)
    2014.11.07
    展示会来場者を赤外線センサーで計測、人の動きの不思議な“法則”を見いだす
    人間の行動から傾向を発見し深層心理に迫り、ビジネスに生かす手法を探る本特集。中編は電話セールスや展示会における顧客の行動をデータ化し、対応策を練った取り組みを紹介す…続き
  • データから人間の行動を読み解き、ビッグデータで儲けるための3原則
    日経ビッグデータ(ケーススタディ総覧記事)
    2014.11.06
    データから人間の行動を読み解き、ビッグデータで儲けるための3原則
    人間の行動から傾向を発見し深層心理に迫り、ビジネスに生かす手法を探る本特集。前編は、本テーマについて事例から深く掘り下げた日立製作所中央研究所の矢野和男主管研究長の…続き
  • GDP、株価は予測できるのか
    日経ビッグデータ(ケーススタディ総覧記事)
    2014.04.10
    GDP、株価は予測できるのか
    ビッグデータを生かした予測分析の活用は、企業の競争力を大きく向上させる。先進企業の取り組みからその未来を予測する。特集の最終回となる第4回は、経済予測、予防医療の事…続き
  • [日立製作所、もしもしホットライン]行動データを解析し、休憩の取り方を工夫して電話営業の成績を13%アップ
    ビッグデータ総覧 マーケティングテクノロジー編 2014
    2014.03.31
    [日立製作所、もしもしホットライン]行動データを解析し、休憩の取り方を工夫して電話営業の成績を13%アップ
     従業員一人ひとりのスキルレベルが営業活動の成果に影響を及ぼすことは否定しないが、休憩時の職場の活気のほうが、より大きなインパクトを与える――。日立製作所と、コール…続き