日清食品

  • ニコニコ超会議、採算割れでも熱狂は冷えず 協賛企業も新発想
    Hot Topics
    2019.04.19
    ニコニコ超会議、採算割れでも熱狂は冷えず 協賛企業も新発想
    ドワンゴは2019年4月27~28日、ネット文化を実体感できるイベント「ニコニコ超会議2019」を幕張メッセ(千葉市)で開催する。ニコニコ動画は有料会員の減少が続い…続き
  • 40代「即席麺ネーティブ世代」調査 女性も意外に焼きそば好き
    世代×性別×年収で、切る!
    2019.04.05
    40代「即席麺ネーティブ世代」調査 女性も意外に焼きそば好き
    1971年に誕生した世界初の即席麺「カップヌードル」が、生まれたときから身近に存在したポスト団塊ジュニア世代。「即席麺ネーティブ」な40~44歳の世代が好む麺商品とは?
  • デジタル機構改革 日清は直販強化、ミツカンは戦略本部[製造編]
    インサイド
    2019.04.02
    デジタル機構改革 日清は直販強化、ミツカンは戦略本部[製造編]
    2019年春の製造業のデジタル関連の機構改革では、顧客との関係を深めるための組織の新設が目立った。日清食品はダイレクトマーケティング課を、ミツカンホールディングスは…続き
  • 日清食品がニッチな「完全栄養食」に参入 背景に自社EC強化
    インサイド
    2019.03.26
    日清食品がニッチな「完全栄養食」に参入 背景に自社EC強化
    日清食品が「完全栄養食」に参入。2019年3月27日に自社EC限定でパスタを発売する。なぜ即席麺大手がニッチな完全栄養食市場に参入するのか。その背景には同社の自社E…続き
  • 日清食品・深澤氏 消費者の意思を反映しやすいシステムが必要
    「情報銀行」は離陸するか
    2018.12.13
    日清食品・深澤氏 消費者の意思を反映しやすいシステムが必要
    「情報銀⾏」が2019年春にスタートしようとしています。⽇経クロストレンドではその動向を解説した特集「情報銀⾏は離陸するか」を掲載しました。情報銀⾏は、個⼈の関与の…続き
  • カップ麺もカスタマイズが主流に? 日清食品マーケ部長に聞いた
    旬な人
    2018.11.19
    カップ麺もカスタマイズが主流に? 日清食品マーケ部長に聞いた
    東京五輪・パラリンピックが開催される2020年に向けて日本が大きく変化するなか、日本の消費をリードする企業はこれからの日本の消費動向をどう考えているのか。ここでは、…続き
  • タピオカ、サバ缶、花椒…食の注目株続々 『カメ止め』も快挙
    2018年ヒット商品ベスト30
    2018.11.08
    タピオカ、サバ缶、花椒…食の注目株続々 『カメ止め』も快挙
    日経トレンディが選出した「2018年ヒット商品ベスト30」の21~30位は食の注目株が勢ぞろい。タピオカミルクティーやサバ缶人気に火が付き、「花椒(ホアジャオ)」は…続き
  • 日清のプレミアム「モモフクヌードル」 狙いは「カップ麺嫌い」
    日経トレンディネット(マーケ・消費)
    2018.10.19
    日清のプレミアム「モモフクヌードル」 狙いは「カップ麺嫌い」
    2018年10月3日、日清のカップヌードルのプレミアム版「モモフクヌードル」が阪急うめだ本店で発売された。化学調味料不使用でスープや具をカスタマイズできるのが売り。…続き
  • 「食品業界のビートたけしになりたい」日清食品・安藤社長の真意
    チキンラーメン60周年の大勝負
    2018.08.28
    「食品業界のビートたけしになりたい」日清食品・安藤社長の真意
    60周年を迎える「チキンラーメン」の過去最高売り上げを狙うべく、女優の新垣結衣に“生”のチキンラーメンをがぶりつかせたり、キャラクターのひよこちゃんを悪魔にしてしま…続き
  • 「ひよこちゃん悪魔化」の裏側 老舗ブランドのジレンマを破った
    チキンラーメン60周年の大勝負
    2018.08.27
    「ひよこちゃん悪魔化」の裏側 老舗ブランドのジレンマを破った
    日清食品はなぜ、あのひよこちゃんを悪魔にしてしまったのか――。その裏側を同社の安藤徳隆社長が明かした。その戦略にはロングセラーブランドが等しく抱えるジレンマを解消す…続き
  • “悪魔的チキンラーメン”大当たり 社長が語る大胆マーケ術
    チキンラーメン60周年の大勝負
    2018.08.27
    “悪魔的チキンラーメン”大当たり 社長が語る大胆マーケ術
    若者よ、「チキンラーメン」を食べてくれ!――。60周年の2018年度に同ブランドの過去最高売り上げを狙う日清食品はSNSで話題のレシピ「アクマのキムラー」を商品化。…続き
  • 日清食品・安藤社長2つの危機感 チキンラーメン60周年の大勝負
    チキンラーメン60周年の大勝負
    2018.08.24
    日清食品・安藤社長2つの危機感 チキンラーメン60周年の大勝負
    公式ツイッターに突然、「やってられっか!」「茶番はもう終わりだ。」「ひよこにチキンラーメンの宣伝させるなんてどうにかしてる」などと怒りのメッセージを次々に投稿したり…続き
  • チキンラーメンは聖域という先入観を壊す 新垣結衣もかぶりつく 
    チキンラーメン60周年の大勝負
    2018.08.24
    チキンラーメンは聖域という先入観を壊す 新垣結衣もかぶりつく 
    チキンラーメンの60周年となる2018年度に「過去最高売り上げ」という大目標を掲げた日清食品。そのために同社は、正統派で通してきた「チキンラーメン」のブランドコミュ…続き
  • 「カレーメシ」 わずかなネーミングの工夫が新市場を生み出す
    失敗しないネーミング
    2018.07.25
    「カレーメシ」 わずかなネーミングの工夫が新市場を生み出す
    日清食品の「日清カレーメシ」(以下カレーメシ)シリーズは、これまで何度もリニューアルを重ねたことでヒット商品に育った。2018年3月には「日清キーマカレーメシ スパ…続き
  • 激辛食品マイルド化 メーカーが語る驚愕の真相とは
    日経トレンディネット(マーケ・消費)
    2018.07.20
    激辛食品マイルド化 メーカーが語る驚愕の真相とは
    「激辛」としていわれている商品が、実際に食べてみるとあまり辛くないという意見がSNS上で上がっている。真相はどうなのか、激辛商品を手がける企業に聞いた。
  • カレーの常識が逆転 あのレトルトカレーが躍進した理由
    18年上半期ヒット&下半期候補
    2018.06.20
    カレーの常識が逆転 あのレトルトカレーが躍進した理由
    食品業界最大のニュースは、カレーの常識が塗り替えられたことだった。インテージの調べによると、2017年はカレールウの購入金額が456億円だったのに対し、レトルトカレ…続き
  • 日清食品に見る、マーケティングのセンスを“デザイン”する方法
    C2C時代のブランディングデザイン
    2018.06.18
    日清食品に見る、マーケティングのセンスを“デザイン”する方法
    多くのプロジェクトを手掛けてきたブランディングプランナーの細谷正人氏(バニスター代表取締役)が新たな視点でブランディングデザインに切り込み、先進企業に取材する連載「…続き
  • マーケティングはサイエンスではなく、アートだ
    C2C時代のブランディングデザイン
    2018.05.28
    マーケティングはサイエンスではなく、アートだ
    多くのプロジェクトを手掛けてきたブランディング・プランナーの細谷正人氏(バニスター代表取締役)が新たな視点でブランディングデザインに切り込み、先進企業に取材する連載…続き
  • 【デザイン特集連動】日清・深澤氏「商品パッケージは5番目のP」
    パッケージデザイン調査2018
    2018.05.17
    【デザイン特集連動】日清・深澤氏「商品パッケージは5番目のP」
    メーカーは、いかにブランド力を強化し、商品価値を高め、顧客に選ばれる存在になるかでしのぎを削る。そこで重要かつ最後の「顧客接点」がパッケージデザインだ。ライバル商品…続き
  • 変化を捉えて代打から定番へ「カップヌードル 欧風チーズカレー」
    データで読み解くヒット
    2018.05.07
    変化を捉えて代打から定番へ「カップヌードル 欧風チーズカレー」
    昨年4月以降、新発売でもないのに売り上げが突然跳ねた商品がある。日清食品の「カップヌードル 欧風チーズカレー」だ。リニューアルも新CMもなく、「特別なマーケティング…続き