山崎製パン

  • 謎の鍋「とり野菜みそ」首都圏大増殖の理由
    日経トレンディネット(マーケ・消費)
    2018.01.24
    謎の鍋「とり野菜みそ」首都圏大増殖の理由
    最近、首都圏のスーパーや量販店でよく見かけるようになった「とり野菜みそ」という鍋スープの素。製造元は石川県のメーカーで、地元では知られた商品だという。“謎のみそ鍋”…続き
  • “愛され企業”の条件は、「人の魅力が伝わる企業」
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2016.05.25
    “愛され企業”の条件は、「人の魅力が伝わる企業」
    不寛容と称される社会環境であっても愛される企業の条件について考えてみたい。電通パブリックリレーションズ コーポレートコミュニケーション戦略室室長の阪井完二氏は、「魅…続き
  • 22位 メロンパンの皮 焼いちゃいました。 “皮”だけなのに3600万個出荷
    日経トレンディ(ケーススタディ総覧記事)
    2015.11.04
    22位 メロンパンの皮 焼いちゃいました。 “皮”だけなのに3600万個出荷
    “皮”だけなのに3600万個出荷。ルーキーイヤーで菓子パン10傑間近
  • 2015年ヒット商品ベスト30
    日経トレンディ(ケーススタディ総覧記事)
    2015.11.04
    2015年ヒット商品ベスト30
    本州を横断した大動脈、押し寄せる外国人観光客、日本でヒントを得た米国発チェーン……。これらに共通するのは「日本の良さを再発見させる」商品やサービスだったという点だ。…続き
  • 15年上半期ランキング【食品・飲料・外食編】セブン発の「ドーナツ戦争」が拡大。メタボ男性に響いた「プリン体」
    日経トレンディ(ケーススタディ総覧記事)
    2015.06.04
    15年上半期ランキング【食品・飲料・外食編】セブン発の「ドーナツ戦争」が拡大。メタボ男性に響いた「プリン体」
    食品・飲料業界は、昨年の消費増税前の駆け込み需要による反動減を防ぐため、メーカーが主力ブランドに力を注ぐ傾向が一層強まった。そのため、上半期は新機軸の商品が少ないが…続き
  • 山崎製パンのビッグデータ活用の一端が明らかに、製品廃棄ロスを約4割削減
    日経ビッグデータ(ケーススタディ総覧記事)
    2014.07.30
    山崎製パンのビッグデータ活用の一端が明らかに、製品廃棄ロスを約4割削減
    山崎製パンは、大量の受注情報というビッグデータを活用して製品廃棄ロスを約4割削減した。全20工場のうち15工場で、受注情報を受け取ってすぐ、リアルタイムに参照できる…続き
  • キャラクターO2Oに挑む大丸松坂屋、さくらパンダが集客と収益に貢献
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2013.05.15
    キャラクターO2Oに挑む大丸松坂屋、さくらパンダが集客と収益に貢献
    大丸松坂屋百貨店のイメージキャラクター「さくらパンダ」が、この1年で知名度、好感度を上げて、店舗への集客および売り上げに貢献する段階に入ってきた。ソーシャルメディア…続き