三越伊勢丹ホールディングス

  • 消費が分かるマーケティング指標
    2019.01.18
    冬物商材の動きが鈍く、11月は前年割れ相次ぐ(百貨店概況)
    日本百貨店協会が2018年12月21日に発表した同年11月の全国百貨店売上高は約5304億円だった。前年同月比0.6%減と2カ月ぶりにマイナスだった。高額品やインバ…続き
  • 消費が分かるマーケティング指標
    2018.12.04
    三越伊勢丹が2カ月ぶりプラス、大手そろって好調(百貨店概況)
    日本百貨店協会が2018年11月21日に発表した同年10月の全国百貨店売上高は、約4717億円だった。前年同月比1.6%増と4カ月ぶりにプラスに転じた。気温の低下に…続き
  • 消費が分かるマーケティング指標
    2018.10.29
    コンビニと明暗、災害で9月は大手5社が前年割れ(百貨店概況)
    日本百貨店協会が2018年10月23日に発表した同年9月の全国百貨店売上高は約4197億円だった。台風や地震などの影響で前年同月比3.0%減と3カ月連続のマイナス。…続き
  • 消費が分かるマーケティング指標
    2018.10.05
    8月は大手5社中、そごう・西武だけマイナスに(百貨店概況)
    日本百貨店協会が2018年9月21日に発表した同年8月の全国百貨店売上高は約4118億円だった。前年同月比0.2%減とわずかながら前年を下回り、2カ月連続のマイナス…続き
  • 消費が分かるマーケティング指標
    2018.08.28
    荒れた天候の影響で7月の売り上げも大荒れ(百貨店概況)
    日本百貨店協会が2018年8月21日に発表した同年7月の全国百貨店売上高は約5132億円。前年同月比6.1%減と2カ月ぶりのマイナスになった。西日本豪雨や連日の猛暑…続き
  • 消費が分かるマーケティング指標
    2018.07.31
    7カ月ぶりに衣料品が好調、販売セールの前倒し効果(百貨店概況)
    日本百貨店協会が2018年7月24日に発表した同年6月の全国百貨店売上高は約4869億円だった。前年同月比は3.1%増となり、2カ月ぶりにプラスとなった。大阪北部地…続き
  • 消費が分かるマーケティング指標
    2018.07.02
    5月は3カ月ぶりにマイナス、大手5社も明暗(百貨店概況)
    日本百貨店協会が2018年6月22日に発表した同年5月の全国百貨店売上高は約4505億円。高額消費やインバウンド消費は好調だったが、前年同月比が2.0%減と、3カ月…続き
  • 川島蓉子「経営トップが磨く“勘と感”」
    2018.06.28
    三越伊勢丹HD前社長・大西氏が語る“ファッションと経営”
    この6月末、羽田空港の旅客ターミナルを運営する日本空港ビルデングの副社長に就任する大西洋氏にここ最近不調とされるファッションの持っている意味、そしてファッションと関…続き
  • 川島蓉子「経営トップが磨く“勘と感”」
    2018.06.14
    三越伊勢丹HD前社長・大西氏が警鐘を鳴らす“小売りの大問題”
    2017年3月に三越伊勢丹HDの社長を辞し、18年6月末、羽田空港の旅客ターミナルを運営する日本空港ビルデングの副社長に就任する大西洋氏。その大西氏に、現状の百貨店…続き
  • 川島蓉子「経営トップが磨く“勘と感”」
    2018.05.31
    三越伊勢丹HD前社長・大西氏「羽田から日本カルチャーを発信」
    2017年3月に三越伊勢丹HDの社長を辞した大西洋氏が18年6月末、羽田空港の旅客ターミナルを運営する日本空港ビルデングの副社長に就任する。大西氏は羽田で何をする気…続き
  • 消費が分かるマーケティング指標
    2018.05.29
    4月は春夏商材が活発、大手5社も好調(百貨店概況)
    日本百貨店協会が2018年5月23日に発表した18年4月の全国百貨店売上高は約4565億円。前年同月比0.7%増と、2カ月連続プラスとなった。気温上昇を追い風に日傘…続き
  • 日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2017.06.01
    Amazon とWal-Martが加速するラスト・ワン・マイルの質的変化
    今や米Amazonの企業価値(時価総額)は、米国の他の主要流通企業を足し合わせたものよりも大きい。日本のセブン&アイ、ファーストリテイリング、三越伊勢丹など主要6社…続き
  • 日経デザイン(ケーススタディ総覧記事)
    2017.02.24
    コクヨ「DAYS OFFICE」が好調、自由なオフィス空間を簡単構築
     コクヨが立ち上げたオフィス家具の新しいブランド「DAYS OFFICE(デイズオフィス)」が好調に推移している。2016年7月から本格的に商品を展開しており、20…続き
  • 日経ビッグデータ(ケーススタディ総覧記事)
    2016.04.27
    ビッグデータ関連の機構改革が相次ぐ、デジタル新事業創造や全社横断のデータ分析
    4月1日付を中心に、大手企業でビッグデータ活用を強化するための機構改革が相次いだ。IoT(Internet of Things)や人工知能時代を踏まえた新事業創造と…続き
  • 日経ビッグデータ(ケーススタディ総覧記事)
    2016.02.09
    「データがビジネスの主戦場」へ、デジタルで40億~60億円の増益を目指す
    デジタル変革を積極的に進める三越伊勢丹特集の最終回は、数々の実験の先に待ち受ける収益への貢献や将来展望を、変革を推進する2人のキーパーソンに語ってもらった。「データ…続き
  • 日経ビッグデータ(ケーススタディ総覧記事)
    2016.02.08
    「いずれリアルの店舗は半分なくなり、デジタルになっていく」
    デジタル変革を積極的に進める三越伊勢丹特集の第2回は、2015年に切れ目なく展開してきた各種の施策を紹介する。大西洋社長は「いずれリアルの店舗は半分なくなり、デジタ…続き
  • 日経ビッグデータ(ケーススタディ総覧記事)
    2016.02.05
    新しい買い物体験への挑戦、バイヤーやモデルの好みもAI化
    三越伊勢丹は、人工知能などデジタル技術を駆使して現場力を強化する実験に乗り出した。「データがビジネスの主戦場」と考え、新しい買い物体験の創造を目指す。本特集では、同…続き
  • 日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2015.11.24
    ブランド毀損を防ぎつつ集客。コミュニティを共創に活用も
    森永製菓は、コミュニティサイトで得たデータをマーケティングや営業に生かし始めている。一方、ソーシャルメディアのファンの中から、より精緻に自社のターゲット層を抽出し、…続き
  • 日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2015.10.29
    新ブランド立ち上げとともにWebサイトを刷新、コンテンツマーケティングを強化するカリタ
    コーヒー器具メーカー大手のカリタ(横浜市神奈川区)がコンテンツマーケティングを強化している。約1年前に自社Webサイトを刷新したのを機に、三つ穴タイプのドリッパーな…続き
  • 日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2015.10.01
    花王・本間氏、良品・奥谷氏が転職、有力デジタルマーケターが新天地へ
    業界の顔とも言える有力デジタルマーケターが、新たな活躍の場を求めて相次ぎ転職をした。花王デジタルマーケティングセンターデジタルトレード室長の本間充氏と良品計画WEB…続き