メガネスーパー

  • 2018年ヒット予測100
    2017.11.04
    2018年ヒット予測ランキング(1~10位)
    複数の「エキスパートAI」がユーザーをサポート。「1部屋1台」で家庭のマストアイテムになり爆売れ
  • オムニチャネル・EC相談室
    2017.12.10
    成長の天井を打破/システム投資より重要なこと
    メガネスーパーでEC・オムニチャネル推進を統括する川添隆氏がさまざまな疑問にお答えしてきた連載も今号で最終回。未来志向のテーマについて語ります。
  • オムニチャネル・EC相談室
    2017.12.10
    フォロワー数を基準に採用する落とし穴
    前号では、LINEアカウントの種類と「できること」を整理した。今号は、「LINE@は使える?」の質問にお答えしたい。フォロワー数が多いインフルエンサーを積極採用する…続き
  • オムニチャネル・EC相談室
    2017.12.10
    LINEアカウントのサービス内容を情報整理
    公式、API活用、ビジネスコネクト、Customer Connect、パートナー開発……LINEアカウントの種類が多岐にわたり、内容の把握が難しくなっている。セミナ…続き
  • オムニチャネル・EC相談室
    2017.12.10
    異業種の企業事例を自社に生かすには?
    マーケティング業界は、セミナーやカンファレンスなど勉強の場が多く用意されている。講演者として、また聴講者として積極的に参加している本講座著者の川添隆氏は、企業事例や…続き
  • オムニチャネル・EC相談室
    2017.12.10
    決済手段の選び方/EC人材は獲るか育てるか
    クレジットカード、代金引換以外にもさまざまな決済サービスが次々と登場している。その選び方のポイントは? 人手不足のEC・オムニチャネルのリーダー人材は、外部採用か、…続き
  • オムニチャネル・EC相談室
    2017.12.10
    Amazonに負けない戦い方はあるか?
    前号では、「楽天市場」や「Amazon.co.jp」、「ZOZOTOWN」など有力ショッピングモールへの出店をテーマに回答した。今号では、矢継ぎ早にサービスを拡充し…続き
  • オムニチャネル・EC相談室
    2017.12.10
    モール選定の基準は?/少額でもできるオムニチャネル
    「楽天市場」「Amazon.co.jp」のような総合モールから、「ZOZOTOWN」などジャンル特化型の専門モールまで、有力モールがひしめいている。出店するか?出店…続き
  • オムニチャネル・EC相談室
    2017.12.10
    EC成長=販売手法×在庫・MD×集客
    前号では、オムニチャネル推進の5段階ステップや、実店舗とECで対立が生じた際の解決策について回答した。今号は、5段階ステップの1~2段階に該当する、よくある質問につ…続き
  • オムニチャネル・EC相談室
    2017.12.10
    どこから着手? 店舗とECの対立防げる?
    メガネスーパーでEC(電子商取引)事業およびオムニチャネル推進を統括する川添隆氏がさまざまな疑問に答える新連載。セミナーでの講演や勉強会などでよく寄せられる質問にズ…続き
  • 日経トレンディ(ケーススタディ総覧記事)
    2017.11.04
    8位 遠近“スイッチ”メガネ ワンタッチで普通のメガネが遠近両用に切り替わる
    ワンタッチで普通のメガネが遠近両用に切り替わる。ゆがみの少ない液晶付きレンズでシニアの必需品に
  • 日経ビッグデータ(ケーススタディ総覧記事)
    2017.02.03
    メガネスーパー、KPI経営の深化で増益基調 30日間のクロスセルを測る「プラス1」など導入
    KPI(重要業績評価指標)経営で再建を進めるメガネスーパーが、その活用を深化させている。2016年4月期には営業、経常、純利益のすべてが9年ぶりに通期で黒字となった。
  • 日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2015.07.21
    オムニチャネルで黒転目指すメガネスーパー、実店舗の在庫表示とクーポンで新規客獲得
     2008年4月期以来8期連続の赤字決算が続く経営再建中のメガネスーパーだが、2014年4月期に24億円を超えていた経常赤字が、6月に発表した2015年4月期では、…続き
  • 日経ビッグデータ(ケーススタディ総覧記事)
    2015.07.03
    事業再建に取り組むメガネスーパー、日次のKPI経営で単月の営業黒字に浮上
    再建に取り組むメガネスーパーの全社員には毎朝メールで、前日までの実績と予算の進捗率などのデータが示される。束原俊哉取締役執行役員は、「全社員が日次の数字を毎日見るこ…続き